グリーンブック(吹替)の動画フルを無料視聴!huluで見える?【映画】

コメディ

ヴィゴ・モーテンセン主演映画『グリーンブック』【監督:ピーター・ファレリー|原題:Green Book】(2018年)の動画フルを無料視聴する手軽な方法をご紹介します。

今すぐ、『グリーンブック』を無料で見てみる

\31日間以内に解約すれば、まったく料金はかかりません/

グリーンブック(吹替)の動画フルを無料視聴する手軽な方法【映画】

下記のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、ヴィゴ・モーテンセン主演映画『グリーンブック』日本語吹き替え版および字幕版のフル動画配信がされています。

動画配信リスト
U-NEXT △(字幕・吹替)
FOD △(字幕・吹替)
Hulu ×
dTV △(字幕・吹替)
Amazonプライム △(字幕・吹替)

(〇:見放題配信|△:有料配信|×:動画配信をしていない)

※紹介しているVODサービスの情報は2020年3月18日時点のものです。現在は配信終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、最新の配信状況を各公式ホームページにてご確認ください。

グリーンブック(吹替)を見るならU-NEXTがお得な理由【映画】

残念ながら、どの動画配信サービスでもポイント制の有料レンタル扱いになっています。

ただし、映画『グリーンブック』のフル動画を実質、無料で見る方法があるんです。

U-NEXT(ユーネクスト)の無料トライアル特典には31日間無料で見放題だけでなく、600円分のポイントがプレゼントされます。

そのポイント600円分を使うことで、『グリーンブック』のフル動画を視聴可能です。

だから、今ならU-NEXT(ユーネクスト)を選ぶことをオススメします。

また、トニー役のヴィゴ・モーテンセンが出演している下記の映画もU-NEXTにて見放題で配信中です。

  • 危険なメソッド
  • ギリシャに消えた嘘
  • 涙するまで、生きる
  • ヒストリー・オブ・バイオレンス

名作『ロード・オブ・ザ・リング』が見られないのは残念ですが、他にも彼の魅力がつまった映画が見られますよ。

▼▼▼U-NEXTで映画『グリーンブック』を鑑賞する▼▼▼

U-NEXT(ユーネクスト)

グリーンブック(吹替)をパンドラやデイリーモーションなどでは無料で見られないの?【映画】

下記のサイトに無料で動画が見られるようにアップされていることがあります。

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)

これらの動画共有サイトには、著作権を無視して勝手にアップロードされています。

最近では、違法アップロードされた動画が削除されるまでの期間が短くなっているんです。

そのため、映画『グリーンブック』のフル動画が見られるとは限りません。

ほかにも、動画共有サイトにはデメリットがあります。

画質や音質が悪く、広告が画面をおおうように出ることもあるので、ストーリーを楽しむことができません。さらに、スマホやパソコンがウイルス感染する危険性もあります。

もし、動画共有サイトで視聴するときは、その点をご理解の上、注意して利用してください。

U-NEXTで映画『グリーンブック』を快適に視聴する

グリーンブックのネタバレ感想と評価【映画】

映画『グリーンブック』は、2人の男の間で起きる、アイスブレイクを描いた実話からインスパイアされた物語です。

といっても、最初はそんな雰囲気がありませんね。ナイトクラブで喧嘩が起こり、用心棒が迷惑な客を追いだすシーンから始まっています。

用心棒の名前は、トニー・リップ(ヴィゴ・モーテンセン)。巨体に見合った腕力の持ち主ですから、いとも簡単に客をつまみ出しています。少し殴り過ぎにも見えますが、用心棒は舐められたら終わりですからね。

しかし、勤め先が休業したせいで、トニーはあっけなくレイオフされてしまいました。店の営業が再開するまで、何とか食いつながなければなりません。見た目通りの大食らいでも、50ドルのためにホットドッグを26個ずつ食べ続けるわけにはいかないのです。

そんな彼のもとに、1件の仕事が舞い込みます。

依頼人はドクター・シャーリー(マハーシャラ・アリ)。医者かと思ったらミュージシャンで、しかも黒人。そもそもトニーは黒人嫌いですから、”黒ナス”の運転手なんて御免です。

断るために吹っ掛けますが、それでもドクター・シャーリーは、その値段でもう一度オファーして来たのです。

結局、トニーはお金のためだけに仕事を引き受けました。契約期間は、クリスマスイヴまでの2ヶ月。粗野なイタリア系白人とお上品な黒人ピアニストが、アメリカ南部ツアーを開始します。宿泊施設などは、グリーンブックを頼りに決めていきます。

このグリーンブックとは、旅行ガイドブックのことです。ただし「黒人旅行者用」のガイドブックという、いささか引っかかる本ですね。

ニューヨークを出発するとき、トニーはドクの荷物を運びません。単に嫌いとかではなく、汚らわしいと思っているのです。ドクから見たトニーは下卑た白人野郎に過ぎず、会話と言えば文句をつけるだけ。

もちろん、そんな2人の関係は徐々に変化していきます。

トニーがケンタッキーフライドチキンの食べ方――今、こんな事をしたらドラレコ映像を晒されます――を伝授すれば、ドクは、まるで日記のようだったトニーの手紙をロマンチックなラブレターに変身させます。

笑いを交えつつ南部への旅が続き、お互いに理解し合い、そして、尊重し合うようになる2人を描きます。

変化するのは関係だけではありません。

ドライブのシーンは昼から夜に変わっていき、天気は快晴から土砂降りの雨、そして、豪雪に変わります。2人が泊まるホテルはどんどん格が落ち、安モーテルに、ついには黒人専用のモーテルに変りました。

黒人専用の酒場、黒人専用のトイレ、黒人専用のレストラン・・・。グリーンブックに書かれているのは「黒人が使ってもいい施設」であり、「白人用の施設に入るな」という意味だったのです。

南部の奥に行けば行くほど当たり前になる、人種差別という習慣。

自由の国アメリカも数十年前まで、こんなことをしていたんですから、驚くべきか、怒るべきか、それとも呆れるべきなのか。映画『グリーンブック』では実際に行われていた差別を取り上げながらも、それに対する一切の判断を観客にゆだねています。

ドクがなぜ黄色人種ではなく白人を運転手に選んだのか。

差別が酷いと知っていながら、なぜ南部へのツアーを強行したのか。

この理由に関しても、説明的なセリフなどはありません。でも、生きたいように生きてやりたいことをやり、弾きたい曲を弾くことに高尚な理由や説明など必要でしょうか。

高級ホテルでのポピュラー演奏会をキャンセルして、場末の酒場でショパンを弾いたっていいじゃないですか。

軽妙な笑いから、どんどん深刻な差別問題へと転じていく『グリーンブック』。

ラストシーンを上手く仕上げたおかげで、悪い後味が残らないようになっています。良い映画ですけど、最後に気になったことを1つ挙げておきましょう。

トリオの残り2人って、演奏以外はずっと別行動ですよね。一緒の車にも乗らず、自分たちだけは良い宿に泊まっていたのでしょうか。この2人を、もう少し活躍させてほしかったですよ。

グリーンブック(吹替)の動画フル無料視聴まとめ【映画】

ヴィゴ・モーテンセン主演映画『グリーンブック』のフル動画を無料視聴する安全な方法をご紹介しました。

また、記事の後半では、ネタバレ感想や評価がまとめてあります。

今すぐ、グリーンブックをU-NEXTで見てみる

コメント

タイトルとURLをコピーしました