モンスター上司(映画)の動画フルを無料視聴!字幕や吹き替えも見れる

コメディ

映画『モンスター上司』【監督:セス・ゴードン|原題:Horrible Bosses】(2011年)の動画フルを無料視聴する手軽な方法をご紹介します。

今すぐ、『モンスター上司』を無料で見てみる

\31日間以内に解約すれば、まったく料金はかかりません/

モンスター上司(映画)の動画フルを無料視聴する手軽な方法

下記のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、映画『モンスター上司』日本語吹き替え版および字幕版のフル動画が見放題で配信されています。

動画配信リスト
U-NEXT 〇(字幕・吹替)
FOD ×
Hulu ×
dTV △(字幕のみ)
Amazonプライム △(字幕・吹替)

(〇:見放題配信|△:有料配信|×:動画配信をしていない)

※紹介しているVODサービスの情報は2020年3月13日時点のものです。現在は配信終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、最新の配信状況を各公式ホームページにてご確認ください。

U-NEXTは映画好きが思わずハマる動画配信サービス

U-NEXTには、無料で鑑賞できるトライアル期間が31日間あります。

お試し期間中に解約すれば、一切、お金はかかりません。ネット上のサービスは、自分で使ってみないと便利なのか判断できないので、ありがたいシステムです。

自分の環境に合えば、継続すれば良いですし、そうでなければ、他を探した方が動画ライフを楽しめます。そのために、トライアル期間を活用してみてくださいね。

そして、U-NEXTでは『モンスター上司』に出演しているジェイソン・ベイトマンの以下の作品が見放題で視聴できます。

  • ハンコック
  • ザ・ギフト
  • ディス/コネクト
  • 泥棒は幸せのはじまり
  • ファング一家の奇想天外な秘密
  • あなたを見送る7日間/This is Where I Leave You

おすすめは、『ザ・ギフト』。

偶然、再会した高校の同級生から受ける恐怖を楽しんでください。まさか、そんな秘密があったのかと色々、考えさせられますよ。

さらに、U-NEXTの特典には31日間のお試しだけでなく、有料動画や漫画などに使える600円分のポイントがプレゼントされます。

最近は、公開年度の新しい映画が早い時期に、どんどん動画が配信されるようになりました。けれども、どこの動画配信サービスでも新作映画は、見放題ではありません。

そんなとき、特典でもらえるポイント600円分を使うことで、有料レンタル扱いの新作映画を追加料金なしで鑑賞することができます。

『モンスター上司』と同じく、ジェイソン・ベイトマンとジェニファー・アニストンが共演しているコメディ映画『クレイジー・パーティー』もポイントを使えば、視聴可能ですよ。

また、DVDレンタルのように借りに行ったり返却する面倒がありません。動画配信サービスなら、好きなときに手軽に見ることができるんです。

だから、U-NEXTは映画が好きな方にとって、チェックしないと損する動画配信サービスといえます。

▼▼▼U-NEXTで映画『モンスター上司』を見放題で鑑賞する▼▼▼

U-NEXT(ユーネクスト)

モンスター上司(映画)はパンドラやデイリーモーションなどの動画共有サイトでは無料で見られないの?

下記のサイトに動画を無料で見られるようにアップされていることがあります。

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)

ただし、最近では著作権違反ということで違法アップロードされた動画は削除されるまでの期間が短くなっています。

随時、サイトで確認すれば、新たにアップされた動画を見つけることができるかもしれません。

さらに、動画共有サイトには、次のようなリスクがあります。

画質が悪く、ウイルス感染する恐れもあるので、快適に視聴できるとは言えません。

もし、動画共有サイトで視聴するときは、自己責任でお願いします。

U-NEXTで映画『モンスター上司』を快適に視聴する

モンスター上司(映画)のネタバレ感想と評価

映画『モンスター上司』の物語は、上司のパワハラやセクハラに耐えかねたニック(ジェイソン・ベイトマン)、デイル(チャーリー・デイ)、カート(ジェイソン・サダイキス)の仲良し3人組が、それぞれの上司を交換殺人によって排除する計画を立てるのですが、計画の実行段階で予期せぬ事態が発生します。

しかし、結果は3人が予想していた以上に望ましいもので、3人にとっては、これ以上ないくらいのハッピーエンドで物語が終わりました。パワハラやセクハラをする上司を殺してしまえという発想自体が非常にコメディらしい発想を感じさせます。

これに加えて3人が自ら手を下すことなく上司を排除できる話の展開も、またいかにもコメディらしかったです。

3人の上司役をケヴィン・スペイシー、ジェニファー・アニストン、コリン・ファレルという大物が演じています。彼らの振り切った悪役ぶりが見ものです。

セクハラやパワハラをめぐる状況は、現代の社会病理として日々刻々と変化しています。

そのため、映画『モンスター上司』が公開された2011年と現在を比べると、パワハラやセクハラに関する人々の意識は相当、変わりました。

例えば、『Me too運動』に見るように、セクハラに対してネットや法の力等を総動員して敢然と立ち向かうという動きが徐々に浸透しつつあります。

映画『モンスター上司』では、パワハラやセクハラに対し、その被害者が加害者を殺害するという発想から物語が展開します。この発想自体が時代の変化の影響を受けて、あまり笑えない発想になってしまっているのを感じました。

セクハラやパワハラに関する意識が低く、被害者が泣き寝入りしなくてはならない状況が一般的であった時代であれば、加害者を殺害するという発想は許容されるアイデアだと思います。

3人は経済の後退のおかげで、今、会社を辞めても再就職先がないという状況の中で追い詰められ、上司を殺害することで自分たちが生き残ろうとします。

しかし、殺人以外にも上司を排除するための様々な選択肢が考えられる現在では、殺しを思い浮かぶまでのプロセスが、本作がコメディであっても、あまりに単純すぎるように感じました。

このあたりに社会意識の変化が物語を陳腐なものにしてしまった影響が強いです。

また、3人組のキャラクターの設定に一貫性がないのも気になります。職場では、それなりに優秀な3人ですが、彼らが立てた殺害計画は、ただ殺し屋を雇うことだけというあまりに幼稚なものです。

ですが、それまで描かれてきた人物像とはかけ離れたものになってしまっています。

職場での勤勉で優秀な姿から、殺害計画の場での恐ろしく幼稚な姿へ3人が変貌してしまう点にこじつけを感じてしまい、無理やりナンセンスなコメディに仕立てようとしている意志を感じてしまいました。

他方で3人の敵にあたる上司のキャラクター設定は一貫しています。

とりわけケヴィン・スペイシー演じるハーケンは、当初、粘着質で嫉妬深い性格でスタートし、物語が進むにつれて次第に凶暴性と肝の座った悪さを発揮していくのですが、この変化に不自然さは感じません。

3人組にもこうしたキャラクターの一貫性があれば、もっと気楽に映画『モンスター上司』の笑いを楽しめたように思います。

モンスター上司(映画)の動画情報まとめ

映画『モンスター上司』の動画フルを無料視聴する手軽な方法を紹介しました。

そして、ネタバレ感想と評価についてもまとめてあります。

今すぐ、モンスター上司をU-NEXTで見てみる

コメント

タイトルとURLをコピーしました