メン・イン・キャット(映画)の無料動画をフル視聴!字幕版も見れる

コメディ

ケヴィン・スペイシー主演映画『メン・イン・キャット』【監督:バリー・ソネンフェルド|原題:Nine Lives】(2016年)の無料動画をフル視聴する手軽な方法をご紹介します。

また、ネタバレ感想や評価についてもまとめました。

今すぐ、『メン・イン・キャット』を無料で見てみる

\31日間以内に解約すれば、まったく料金はかかりません/

メン・イン・キャット(映画)の無料動画をフル視聴する手軽な方法

下記のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、ケヴィン・スペイシー主演映画『メン・イン・キャット』日本語吹き替え版および字幕版のフル動画が見放題で配信されています。

動画配信リスト
U-NEXT 〇(字幕のみ)
FOD ×
Hulu ×
dTV ×
Amazonプライム 〇(字幕・吹替)

(〇:見放題配信|△:有料配信|×:動画配信をしていない)

※紹介しているVODサービスの情報は2020年3月9日時点のものです。現在は配信終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、最新の配信状況を各公式ホームページにてご確認ください。

U-NEXTは映画好きが思わずハマる動画配信サービス

U-NEXTには、無料で鑑賞できるトライアル期間が31日間あります。

お試し期間中に解約すれば、一切、お金はかかりません。ネット上のサービスは、自分で使ってみないと便利なのか判断できないので、ありがたいシステムです。

自分の環境に合えば、継続すれば良いですし、そうでなければ、他を探した方が動画ライフを楽しめます。そのために、トライアル期間を活用してみてくださいね。

そして、U-NEXTでは『メン・イン・キャット』に出演しているケヴィン・スペイシーの以下の作品が見放題で視聴できます。

  • モンスター上司
  • ラスベガスをぶっつぶせ
  • スーパーマン リターンズ
  • ライフ・オブ・デビッド・ゲイル
  • ペイ・フォワード 可能の王国

優しそうな役も悪役も演じ切れるケヴィン・スペイシーを楽しんでください。

さらに、U-NEXTの特典には31日間のお試しだけでなく、有料動画や漫画などに使える600円分のポイントがプレゼントされます。

最近は、公開年度の新しい映画が早い時期に、どんどん動画が配信されるようになりました。けれども、どこの動画配信サービスでも新作映画は、見放題ではありません。

そんなとき、特典でもらえるポイント600円分を使うことで、有料レンタル扱いの新作映画を追加料金なしで鑑賞することができます。

ケヴィン・スペイシーが出演している映画『ベイビー・ドライバー』もポイントを使えば、視聴可能ですよ。

また、DVDレンタルのように借りに行ったり返却する面倒がありません。動画配信サービスなら、好きなときに手軽に見ることができるんです。

だから、U-NEXTは映画が好きな方にとって、チェックしないと損する動画配信サービスといえます。

▼▼▼U-NEXTで映画『メン・イン・キャット』を見放題で鑑賞する▼▼▼

U-NEXT(ユーネクスト)

メン・イン・キャット(映画)はパンドラやデイリーモーションなどの動画共有サイトでは無料で見られないの?

下記のサイトに動画を無料で見られるようにアップされていることがあります。

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)

ただし、最近では著作権違反ということで違法アップロードされた動画は削除されるまでの期間が短くなっています。

随時、サイトで確認すれば、新たにアップされた動画を見つけることができるかもしれません。

さらに、動画共有サイトには、次のようなリスクがあります。

画質が悪く、ウイルス感染する恐れもあるので、快適に視聴できるとは言えません。

もし、動画共有サイトで視聴するときは、自己責任でお願いします。

U-NEXTで映画『メン・イン・キャット』を快適に視聴する

メン・イン・キャット(映画)のネタバレ感想と評価

映画『メン・イン・キャット』は、大企業のワンマン経営者である主人公トム・ブランド(ケヴィン・スペイシー)が、ビルからの転落事故をきっかけに魂が猫に入り込んでしまう物語です。

自分が猫になってしまった現実を受け入れられないブランドが何とかして人間に戻ろうと四苦八苦する一方で、彼が経営する会社では、部下たちによる会社乗っ取り計画が進行します。

猫の姿になったブランドが、どのようにして、この計画を阻止するのかも物語の中心になります。

映画『メン・イン・キャット』で、たびたび言われるのは、「猫は9回生まれ変わる(A cat has nine lives.)」とする故事です。

何回も生まれ変わる中で、かつて人間だった魂が猫に入り込むこともあるのかもしれず、猫が人間のそばに常に、い続ける存在であり続けたのは、この生まれ変わりによるところが大きいとする説です。

どこか神秘的な響きを持つ故事ですが、猫をブランドに売ったペットショップと、その店主を演じるクリストファー・ウォーケンの謎に満ちた雰囲気が、この故事を真実味あふれるものにしています。

映画『メン・イン・キャット』は、ひょっとしたら、あらゆる猫が人間の生まれ変わりかも知れないと思わせることに成功しているのです。

猫が人間の生まれ変わりで、日常的に見せる愛らしい表情や仕草が人間と全く同じ感情から出たものだとしたら、これまで以上に猫が愛おしくなるだろうと思わせるシーンがたびたび登場します。

例えば、ブランドが猫の姿をしているけれども実は自分であることを家族に伝えようとしても叶わなかった時の猫の表情には、意志が伝わらないことに対するもどかしさや無念さが人間以上に現れており、思わず猫の表情に見入ってしまいます。

日常的な猫の仕草に人間の感情を投影して解釈すると、これまで以上に猫が生き生きとした姿に見えることが新鮮です。

しかし、残念なのはCGを多用して猫の動作をあまりにも人間的なものに作り変えてしまっている点にあります。

映画『メン・イン・キャット』の中で、ブランドの魂が入り込んだ猫は窮地を脱するために、たびたびアクロバティックな動きをするのですが、そのどれもが人間の体の動きを取り入れた非常に不自然なものであり、これでは猫に感情移入することができません。

猫の日常的な動作に人間的な解釈をするからこそ猫の存在が際立ってくるのであって、人工的で不自然な猫の動作を見ても、可愛さは感じられず、ぎこちなさばかりが目立ちます。

映画『メン・イン・キャット』は、こうした猫の不自然さが目立つシーンが、物語が進むにつれて頻繁に登場するようになりました。

結果として人間のパートナーとして猫が持つ力の大きさ、あるいは、猫の存在が人間にもたらす癒やしの力など、猫が本来、持つ魅力がうまく伝わりません。

かといって会社の乗っ取りの物語もさほどインパクトのある物語にはなっていないため、何を伝えたいのかが、はっきりしない作品になってしまったように感じます。

まとめ

ケヴィン・スペイシー主演映画『メン・イン・キャット』の動画フルを無料視聴する手軽な方法を紹介しました。

そして、ネタバレ感想と評価についてもまとめてあります。

今すぐ、メン・イン・キャットをU-NEXTで見てみる

コメント

タイトルとURLをコピーしました