ペットセメタリー(1989)の動画フル無料視聴!Netflixで見れる?【映画】

ホラー

スティーヴン・キング原作映画『ペット・セメタリー』【監督:メアリー・ランバート|原題:Pet Sematary】(1989年)の動画フルを無料視聴する手軽な方法をご紹介します。

今すぐ、『ペット・セメタリー』を無料で見てみる

\31日間以内に解約すれば、まったく料金はかかりません/

ペットセメタリー(1989)の動画フルを無料視聴する手軽な方法【映画】

下記のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、スティーヴン・キング原作映画『ペット・セメタリー』日本語吹き替え版および字幕版のフル動画が見放題で配信されています。

動画配信リスト
U-NEXT 〇(字幕)
FOD ×
Hulu ×
dTV △(字幕・吹替)
Amazonプライム △(字幕)
Netflix ×

(〇:見放題配信|△:有料配信|×:動画配信をしていない)

Netflix(ネットフリックス)は、2019年12月3日に無料体験が終了。1ヶ月のお試し期間がなくなり、申し込んだ時点から、料金が発生するようになりました。

※紹介しているVODサービスの情報は2020年5月11日時点のものです。現在は配信終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、最新の配信状況を各公式ホームページにてご確認ください。

ペットセメタリー(1989)を無料視聴するならU-NEXTがおすすめ【映画】

映画『ペットセメタリー』はNetflix(ネットフリックス)では動画配信されていませんので、見放題で視聴できるU-NEXTがおすすめです。

U-NEXTに初めて登録される方には、無料で鑑賞できるトライアル期間が31日間あります。

お試し期間中に解約すれば、一切、お金はかかりません。ネット上のサービスは、自分で使ってみないと便利なのか判断できないので、ありがたいシステムです。

自分の環境に合えば、継続すれば良いですし、そうでなければ、他を探した方が動画ライフを楽しめます。そのために、トライアル期間を活用してみてくださいね。

『ペット・セメタリー』と同じスティーヴン・キング原作の下記作品がU-NEXTで配信中です。

  • ミスト
  • ミザリー
  • シャイニング
  • キャリー(1976)
  • キャリー(2013)

スティーヴン・キングの世界に、どっぷりとハマってください。

さらに、U-NEXTの特典には31日間のお試しだけでなく、有料動画や漫画などに使える600円分のポイントがプレゼントされます。

最近は、公開年度の新しい映画が早い時期に、どんどん動画が配信されるようになりました。けれども、どこの動画配信サービスでも新作映画は、見放題ではありません。

そんなとき、特典でもらえるポイント600円分を使うことで、有料レンタル扱いの新作映画を追加料金なしで鑑賞することができます。

たとえば、2019年に公開されたスティーヴン・キング原作映画『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』もポイントを使えば、視聴可能ですよ。

また、DVDレンタルのように借りに行ったり返却する面倒がありません。動画配信サービスなら、好きなときに手軽に見ることができるんです。

だから、U-NEXTは映画が好きな方にとって、チェックしないと損する動画配信サービスといえます。

▼▼▼U-NEXTで映画『ペット・セメタリー』を見放題で鑑賞する▼▼▼

U-NEXT(ユーネクスト)

ペットセメタリー(1989)はpandoraやdailymotionなどの動画共有サイトでは無料で見られないの?【映画】

下記のサイトに動画を無料で見られるようにアップされていることがあります。

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)

実際に、Pandora(パンドラ)で映画『ペット・セメタリー』が見られるか確認したところ動画はアップされていませんでした。

最近では著作権違反ということで違法アップロードされた動画は削除されるまでの期間が短くなっています。

随時、サイトで確認すれば、新たにアップされた動画を見つけることができるかもしれません。

さらに、動画共有サイトには、次のようなリスクがあります。

画質が悪く、ウイルス感染する恐れもあるので、快適に視聴できるとは言えません。

もし、動画共有サイトで視聴するときは、自己責任でお願いします。

U-NEXTで映画『ペット・セメタリー』を快適に視聴する

ペットセメタリー(1989)のネタバレ感想と評価【映画】

アメリカ北東部の小さな町、ラドロウ。町は小さいし道はそれほど広くないのですが、信号も無くて真っ直ぐな道路は走りやすいので、大型のトラックが猛スピードで通過しています。

ここに引っ越してきたのがクリード一家。

医師のルイス(デイル・ミッドキフ)と妻のレイチェル(デニーズ・クロスビー)、娘のエリー(ブレイズ・バーダール、ボウ・バーダール)、まだ幼い息子ゲイジ(ミコ・ヒューズ)の4人家族と、猫のチャーチです。

道路を挟んだ向かいに住んでいるジャド(フレッド・グウィン)の話によれば、この町ではトラックによる交通事故が多いとの事。その言葉通り、猫のチャーチが死んでしまいました。

これを切っ掛けとしてクリード家に降りかかる恐ろしい出来事を描いたのが、『ペット・セメタリー』です。

『猿の手』の息子をモチーフとしたあらすじに関しては、いまさら説明する必要はないでしょう。ミクマクの埋葬地にまつわる秘密は、あまりにも有名ですからね。

というわけで、気になったシーン等をいくつか挙げてみます。

1つ目は、猫のチャーチの目です。

やり過ぎじゃないかと思うほどギラギラ光っていますよね。透過光の処理でもしたのかと思いましたが、実は本当に猫の目の光なのです。特殊な改造を施した機器を使って、目に入った光がカメラにまっすぐ返ってくるように撮影したんだそうですよ。

あの絶妙な色味と、なんとも言えない恐ろしい雰囲気は、本物だからこそ出せたのです。

次に、ゲイジの表情です。

生きている時には思いっきり可愛らしく、そして、復活した後は精一杯の怖い顔を披露しています。まだ幼い俳優が見せる表情はどこか可愛さが残っているのですけれど、そのせいで少し寒気がするような恐怖を感じますね。

あくまで無垢だった子供に宿った、何か邪悪な存在を上手く表せていると思います。

3番目と4番目は危険なシーンを2つ。

ルイスが初めてミクマクの埋葬地に行く途中、滑り落ちるシーンがありますよね。あれをよく見ると、1度、胸に木が刺さっているんじゃないかと思う落ち方をしているんですよ。

次もルイスが落ちるシーンですが、こちらはベッドから落ちるシーン。サイドテーブルに思いっきり顔面を強打してますね。どちらもケガなどしていなければ良いのですけれど。

そして、最後は、交通事故で死んだヴィクター・パスコウ(ブラッド・グリーンクイスト)の存在。

脳みそがちょっと見えている状態で何度も登場するパスコウですが、インタビューによると彼の役どころは天使なんだそうです。恐ろしげな見た目にも拘らず、何度も一家、特にエリーを救おうとしていますよね。

対する悪霊は、ほとんど姿を見せず、不気味な音がメインです。

映画『ペット・セメタリー』を見ると、愛ゆえの過ちとか、自然の摂理を曲げた人間へのしっぺ返しとか、悪霊の恐ろしさとか、いろいろ考えさせられます。

しかし、そういう様々な要素は、すべて次のセリフに集約できるのです。

「時には・・・死んだ方が良いこともある」

不気味で恐ろしい物語。あまりにも暗いのでスティーヴン・キングが出版をためらったほどの作品ですから、心して観てください。

エンドロールにラモーンズを使ったのは、その暗さを少しでも和らげるためかもしれませんね。

ペットセメタリー(1989)の無料視聴情報まとめ

スティーヴン・キング原作映画『ペット・セメタリー』の動画フルを無料視聴する手軽な方法を紹介しました。

そして、ネタバレ感想と評価についてもまとめてあります。

今すぐ、ペット・セメタリーをU-NEXTで見てみる

コメント

タイトルとURLをコピーしました