ブルーに生まれついての動画フル無料視聴!Netflixで見れる?【映画】

ヒューマンドラマ

イーサン・ホーク主演映画『ブルーに生まれついて』【監督:ロバート・バドロー|原題:Born to Be Blue】(2015年)の動画フルを無料視聴する手軽な方法をご紹介します。

今すぐ、『ブルーに生まれついて』を無料で見てみる

\31日間以内に解約すれば、まったく料金はかかりません/

ブルーに生まれついての動画フルを無料視聴する手軽な方法【映画】

下記のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、イーサン・ホーク主演映画『ブルーに生まれついて』日本語吹き替え版および字幕版のフル動画が見放題で配信されています。

動画配信リスト
U-NEXT 〇(字幕・吹替)
FOD ×
Hulu ×
dTV ×
Amazonプライム 〇(字幕・吹替)
Netflix ×

(〇:見放題配信|△:有料配信|×:動画配信をしていない)

Netflix(ネットフリックス)は、2019年12月3日に無料体験が終了。1ヶ月のお試し期間がなくなり、申し込んだ時点から、料金が発生するようになりました。

※紹介しているVODサービスの情報は2020年3月29日時点のものです。現在は配信終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、最新の配信状況を各公式ホームページにてご確認ください。

ブルーに生まれついてを見るならU-NEXTがおすすめ【映画】

U-NEXTには、無料で鑑賞できるトライアル期間が31日間あります。

お試し期間中に解約すれば、一切、お金はかかりません。ネット上のサービスは、自分で使ってみないと便利なのか判断できないので、ありがたいシステムです。

自分の環境に合えば、継続すれば良いですし、そうでなければ、他を探した方が動画ライフを楽しめます。そのために、トライアル期間を活用してみてくださいね。

『ブルーに生まれついて』でベイカーを演じているイーサン・ホークの代表作がU-NEXTにて見放題で配信中です。

  • トレーニング デイ
  • プリデスティネーション
  • マグニフィセント・セブン
  • ロード・オブ・ウォー
  • ドローン・オブ・ウォー
  • ゲッタウェイ スーパースネーク
  • シーモアさんと、大人のための人生入門

『トレーニング デイ』でイーサン・ホークはアカデミー助演男優賞にノミネートされています。ちなみに、共演したデンゼル・ワシントンがアカデミー賞主演男優賞を受賞しました。

さらに、U-NEXTの特典には31日間のお試しだけでなく、有料動画や漫画などに使える600円分のポイントがプレゼントされます。

最近は、公開年度の新しい映画が早い時期に、どんどん動画が配信されるようになりました。けれども、どこの動画配信サービスでも新作映画は、見放題ではありません。

そんなとき、特典でもらえるポイント600円分を使うことで、有料レンタル扱いの新作映画を追加料金なしで鑑賞することができます。

たとえば、イーサン・ホークが主演した映画『魂のゆくえ』もポイントを使えば、視聴可能ですよ。

また、DVDレンタルのように借りに行ったり返却する面倒がありません。動画配信サービスなら、好きなときに手軽に見ることができるんです。

だから、U-NEXTは映画が好きな方にとって、チェックしないと損する動画配信サービスといえます。

▼▼▼U-NEXTで映画『ブルーに生まれついて』を見放題で鑑賞する▼▼▼

U-NEXT(ユーネクスト)

ブルーに生まれついてはpandoraやdailymotionなどの動画共有サイトでは無料で見られないの?【映画】

下記のサイトに動画を無料で見られるようにアップされていることがあります。

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)

ただし、最近では著作権違反ということで違法アップロードされた動画は削除されるまでの期間が短くなっています。

随時、サイトで確認すれば、新たにアップされた動画を見つけることができるかもしれません。

さらに、動画共有サイトには、次のようなリスクがあります。

画質が悪く、ウイルス感染する恐れもあるので、快適に視聴できるとは言えません。

もし、動画共有サイトで視聴するときは、自己責任でお願いします。

U-NEXTで映画『ブルーに生まれついて』を快適に視聴する

ブルーに生まれついてのネタバレ感想と評価【映画】

映画『ブルーに生まれついて』は、伝説的ジャズトランペッターであるチェット・ベイカーを描いた作品です。

描かれるのは、主として彼のキャリアの中でどん底ともいえる時期である1960年代から1970年代半ばまでの時期になります。この時期の彼は、薬物に絡む問題をたびたび起こしていました。

なかでもヤクザとのトラブルで前歯を全て失ってしまうという、トランペッターにとっては致命的な怪我を負ったことで、プロのジャズミュージシャンとしてのキャリアは終わったも同然と思われていました。

映画『ブルーに生まれついて』の物語は、このどん底の時期の彼が、恋人の助けを得ながら薬物を絶ち、何とかしてミュージック・シーンに復活しようともがき続ける様子を描きます。

物語全体の中で強調されているのは、ベイカー(イーサン・ホーク)と恋人ジェーン(カルメン・イジョゴ)の関係です。

ジェーンと出会って以降、薬物中毒で女にだらしないベイカーが薬物を絶ち、徐々に真人間になっていくのですが、その過程でジェーンのベイカーに対する献身が強調されています。

時に2人は衝突するけれども、ベイカーのジェーンに対する愛情は深まることはあっても、薄れることはないものとして、そして、ジェーンのベイカーに対する愛情も変わることがないものとして描かれました。

世界的な名声を博したミュージシャンだからといって、人間として、あそこまで堕落した人間を愛することができるのかという点で、ジェーンの寛容さと慈悲深さには少し疑問を感じてしまいます。

また、本当のところはどうだったのかというのが知りたくなる部分ではあります。

薬物と縁を切ることに成功したかに見えたベイカーですが、人生の再起をかけた大舞台で、彼は緊張とプレッシャーに負けてヘロインを打ってしまうのです。

これに気づいたジェーンは静かにベイカーの元を去っていくという結末なのですが、この結末が醸しだす悲しみの深さを考えると、2人の間に育まれた愛情が永久に続くように思わせるそれまでの描写も納得がいきます。

それまでの愛情が深ければ深いほど別れは苦痛に満ちたものとなり、2人の関係の濃密さを強調した、それまでの描写は、この苦痛を強調したいがためにあったのだと感じました。

また、涙を流してジェーンが去っていくのを見つめるベイカーのシーンには、彼の浮き沈みが激しく、波乱万丈であった人生が象徴されているようで、訴えかけてくるものがあります。

ベイカーを演じているのはイーサン・ホークです。

薬物に溺れる破滅型の人生を送るベイカーや、ジェーンと出会って以降、ジェーンに精神的に強く依存することで何とか正気を保とうとするベイカーの人間的な弱さ。

そして、ジャズに対する絶対的な自信がありながらも巨匠マイルス・デイヴィスには、どこか卑屈なコンプレックスを感じるベイカーのミュージシャンとして持つ複雑な面をうまく表現しています。

強さと弱さ、自信とコンプレックスが、ないまぜになった病んだ人間を演じるとホークはとても印象に残る演技をします。

映画『ブルーに生まれついて』は、ベイカーの人生のどん底ともいえる一時期を描いた作品ではあるけれども、ジェーンとの関係など、どこか胡散臭さを感じさせるストーリー展開が、ホークの演技によってリアリティを得ることに成功したということができるのではないかと感じました。

ブルーに生まれついての無料視聴情報まとめ

イーサン・ホーク主演映画『ブルーに生まれついて』の動画フルを無料視聴する手軽な方法を紹介しました。

そして、ネタバレ感想と評価についてもまとめてあります。

今すぐ、ブルーに生まれついてをU-NEXTで見てみる

コメント

タイトルとURLをコピーしました