6才のボクが、大人になるまで。(映画)の動画フルを無料視聴!

ヒューマンドラマ

映画『6才のボクが、大人になるまで。』【監督:リチャード・リンクレイター|原題:Boyhood】(2014年)の動画フルを無料視聴する手軽な方法をご紹介します。

今すぐ、『6才のボクが、大人になるまで。』を無料で見てみる

\31日間以内に解約すれば、まったく料金はかかりません/

6才のボクが、大人になるまで。(映画)の動画フルを無料視聴する手軽な方法

下記のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、映画『6才のボクが、大人になるまで。』日本語吹き替え版および字幕版のフル動画が見放題で配信されています。

動画配信リスト
U-NEXT 〇(字幕・吹替)
FOD ×
Hulu ×
dTV △(字幕のみ)
Amazonプライム 〇(字幕・吹替)

(〇:見放題配信|△:有料配信|×:動画配信をしていない)

※紹介しているVODサービスの情報は2020年3月24日時点のものです。現在は配信終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、最新の配信状況を各公式ホームページにてご確認ください。

6才のボクが、大人になるまで。(映画)を見るならU-NEXTがおすすめ

U-NEXTには、無料で鑑賞できるトライアル期間が31日間あります。

お試し期間中に解約すれば、一切、お金はかかりません。ネット上のサービスは、自分で使ってみないと便利なのか判断できないので、ありがたいシステムです。

自分の環境に合えば、継続すれば良いですし、そうでなければ、他を探した方が動画ライフを楽しめます。そのために、トライアル期間を活用してみてくださいね。

『6才のボクが、大人になるまで。』と同じくリチャード・リンクレイター監督の下記作品がU-NEXTで見放題で配信中です。

  • スクール・オブ・ロック
  • ビフォア・サンライズ 恋人までの距離
  • ビフォア・サンセット
  • ビフォア・ミッドナイト
  • スキャナー・ダークリー
  • ウェイキング・ライフ
  • エブリバディ・ウォンツ・サム!!世界はボクらの手の中に

おすすめは、『スクール・オブ・ロック』。ミュージカルコメディなので、元気になれますよ。

さらに、U-NEXTの特典には31日間のお試しだけでなく、有料動画や漫画などに使える600円分のポイントがプレゼントされます。

最近は、公開年度の新しい映画が早い時期に、どんどん動画が配信されるようになりました。けれども、どこの動画配信サービスでも新作映画は、見放題ではありません。

そんなとき、特典でもらえるポイント600円分を使うことで、有料レンタル扱いの新作映画を追加料金なしで鑑賞することができます。

たとえば、映画『僕のワンダフル・ジャーニー』もポイントを使えば、視聴可能ですよ。

また、DVDレンタルのように借りに行ったり返却する面倒がありません。動画配信サービスなら、好きなときに手軽に見ることができるんです。

だから、U-NEXTは映画が好きな方にとって、チェックしないと損する動画配信サービスといえます。

▼▼▼U-NEXTで映画『6才のボクが、大人になるまで。』を見放題で鑑賞する▼▼▼

U-NEXT(ユーネクスト)

6才のボクが、大人になるまで。(映画)はpandoraやdailymotionなどの動画共有サイトでは無料で見られないの?

下記のサイトに動画を無料で見られるようにアップされていることがあります。

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)

ただし、最近では著作権違反ということで違法アップロードされた動画は削除されるまでの期間が短くなっています。

随時、サイトで確認すれば、新たにアップされた動画を見つけることができるかもしれません。

さらに、動画共有サイトには、次のようなリスクがあります。

画質が悪く、ウイルス感染する恐れもあるので、快適に視聴できるとは言えません。

もし、動画共有サイトで視聴するときは、自己責任でお願いします。

U-NEXTで映画『6才のボクが、大人になるまで。』を快適に視聴する

6才のボクが、大人になるまで。(映画)のネタバレ感想と評価

映画『6才のボクが、大人になるまで。』は、6才の主人公メイソン(エラー・コルトレーン)が18才になるまでの成長を家族との関係を中心に描く物語です。

撮影が、主人公役の少年の成長に合わせて12年間に渡って行われたことが話題になった作品になります。

1人の少年の、外見も内面も大きく変化していく小学校から高校卒業までの時期を撮影しているため、あどけない少年から、人生の方向性をはっきりと見定めることができる青年へと成長していく様子が非常にリアルに映った映画です。

映画『6才のボクが、大人になるまで。』は、まるで密着ドキュメントを見ているような気分にさせられる作品でした。

両親の離婚後、メイソンは母オリヴィア(パトリシア・アークエット)と姉サマンサ(ローレライ・リンクレイター)とともに生活します。

離婚や母の再婚による引越しをたびたびするなど、メイソンの家庭環境は激変しました。こうした環境の変化を主にメイソンの目線で語られている点が非常に印象的です。

例えば最初の離婚の際に、母は人生の再出発を図るために引越しを決意します。離婚という人生の区切りを好機と捉える視覚からは、この引越しには将来に対する希望を抱かせる明るい響きがあるのです。

しかしながら、離婚自体を理解せず、また、これまで慣れ親しんだ環境から引き剥がされることになるメイソンの目には、離婚や引越しは理不尽そのものに映ります。また、そうした理不尽さに何も抵抗できない無力感に満たされるという点で非常に残酷です。

メイソンの母は後に2回、離婚をするのですが、そのうちの1回は夫の酒乱が原因で夜逃げ同然で家を飛び出します。

メイソンと母と姉は母の友人宅に身を寄せるのですが、この先、自分がどうなるのだろうかという不安に満たされる場面からは、不安定な家庭環境が子供の後の人生に与える影響は測り知れないことが痛いほどよくわかります。

映画『6才のボクが、大人になるまで。』でメイソンの12年間の成長を追うことは、周囲の人間もそれだけ老いていくことを意味します。この12年間を通してメイソンと関係の深かった人物は、メイソンの母と姉、そして、メイソンの実の父親の3人です。

母、父ともに、メイソン以上に人生の激しい変化を経験するのですが、とりわけ印象深かったのは、父メイソン(イーサン・ホーク)の人間的な変化です。

メイソンの母と離婚した当初は、ミュージシャンを目指し安定しない生活を送っていました。ところが、やがて新たな職を得て、再婚、さらには子供が新たに生まれることで人間的にも落ち着きを増していきます。

そうした人間性の変化は、メイソンとの会話の端々にも現れます。

メイソンが幼い頃には夢物語のような話ばかりだったのですが、時を経るにしたがって、話の中身も堅実さを持ったものへと変化していきました。

はっきりとはわからない微細な変化であるけれども、人間的な変化としては非常に大きなもので、親としての自覚が人間的成長を促した結果であるとも言えます。長期にわたる撮影がこうした変化をはっきりと目に見えるものにしているように感じました。

物語としては、メイソンという少年が高校卒業までに見せた成長過程を追っていくことに焦点が当てられるのですが、彼の成長に合わせて周囲も変化していく、そして、その変化に対してメイソンが与えた影響が少なくないことが印象的です。

メイソンが周囲の人間、とりわけ母の人生に与えた影響は大きいです。

例えば、母の2度の離婚を決意するきっかけは、明らかに彼や姉という子供の存在があったからです。家族の中での子供の存在が周囲に与える力の大きさをさりげなく提示しているあたりにも映画『6才のボクが、大人になるまで。』の魅力があるように感じます。

6才のボクが、大人になるまで。(映画)の無料視聴情報まとめ

映画『6才のボクが、大人になるまで。』の動画フルを無料視聴する手軽な方法を紹介しました。

そして、ネタバレ感想と評価についてもまとめてあります。

今すぐ、6才のボクが、大人になるまで。をU-NEXTで見てみる

コメント

タイトルとURLをコピーしました