ファミリーマン(映画)の動画フルを無料視聴【ジェラルド・バトラー】

ヒューマンドラマ

ジェラルド・バトラー主演映画『ファミリー・マン ある父の決断』【監督:マーク・ウィリアムズ|原題:A Family Man】(2016年)の動画フルを無料視聴する手軽な方法をご紹介します。

今すぐ、『ファミリー・マン』を無料で見てみる

\31日間以内に解約すれば、まったく料金はかかりません/

ファミリーマン(映画)の動画フルを無料視聴する手軽な方法【ジェラルド・バトラー】

下記のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、ジェラルド・バトラー主演映画『ファミリー・マン ある父の決断』日本語吹き替え版および字幕版のフル動画が見放題で配信されています。

動画配信リスト
U-NEXT 〇(字幕・吹替)
FOD ×
Hulu ×
dTV ×
Amazonプライム 〇(字幕のみ)

(〇:見放題配信|△:有料配信|×:動画配信をしていない)

※紹介しているVODサービスの情報は2020年3月14日時点のものです。現在は配信終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、最新の配信状況を各公式ホームページにてご確認ください。

U-NEXTは映画好きに一度はチェックしてもらいたい動画配信サービス

U-NEXTには、無料視聴できるトライアル期間が31日間あります。トライアル期間中に解約すれば無料(0円)です。一度、使ってみてから継続して契約するか判断できるので、ユーザーにやさしいシステムになっています。

そして、『ファミリー・マン』に出演したジェラルド・バトラーの主要な下記作品がU-NEXTで見放題配信中です。

  • 完全なる報復
  • ロックンローラ
  • トゥームレイダー2
  • エンド・オブ・ホワイトハウス
  • エンド・オブ・キングダム
  • キング・オブ・エジプト
  • マシンガン・プリーチャー

ジェラルド・バトラーは戦う男を演じさせたら最高だと思います。彼のカッコよさを満喫してください。

さらに、U-NEXTの特典には31日間無料トライアルだけでなく、600円分のポイントがプレゼントされます。

U-NEXTは、公開年度の新しい映画が早い時期に動画配信されます。ただし、どこの動画配信サービスでも新作映画は、見放題ではなく、有料レンタル扱いです。

そんなとき、特典でもらえるポイント600円分を使うことで、公開年度の新しい映画をタダ(0円)で鑑賞することができます。

今なら、ジェラルド・バトラー主演映画『ジオストーム』もポイントを使えば追加料金なしで視聴できます。

また、DVDレンタルのように借りに行ったり返却する手間はなく、好きなときに手軽に見ることができるんです。

だから、U-NEXTは映画が好きな方にとって、予想以上にハマる動画配信サービスといえるでしょうね。

▼▼▼U-NEXTで映画『ファミリー・マン』を見放題で鑑賞する▼▼▼

U-NEXT(ユーネクスト)

ファミリーマン(映画)はパンドラやデイリーモーションなどの動画共有サイトでは無料で見られないの?【ジェラルド・バトラー】

下記のサイトに動画を無料で見られるようにアップされていることがあります。

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)

ただし、最近では著作権違反ということで違法アップロードされた動画は削除されるまでの期間が短くなっています。

随時、サイトで確認すれば、新たにアップされた動画を見つけることができるかもしれません。

さらに、動画共有サイトには、次のようなリスクがあります。

画質が悪く、ウイルス感染する恐れもあるので、快適に視聴できるとは言えません。

もし、動画共有サイトで視聴するときは、自己責任でお願いします。

U-NEXTで映画『ファミリー・マン』を快適に視聴する

ファミリーマン(映画)のネタバレ感想と評価【ジェラルド・バトラー】

映画『ファミリー・マン ある父の決断』は、猛烈に働くサラリーマンが、子供の病気をきっかけにして家族と向き合う時間が増え、その結果、人生で仕事以外に大切なものに気づいていくというストーリーです。

死を覚悟しなければならない子供の病気、熾烈な競争環境に置かれる職場など、主人公デイン・ジェンセン(ジェラルド・バトラー)が生きる環境は過酷です。

しかし、意識不明の重体になりながらも子供は回復し、職場も円満退社できるようになり、新たに始めたビジネスも軌道に乗りかかり、壊れかけた妻との関係も元になるなど、これ以上ないくらいのハッピーエンドで物語は終わります。

数字に追いまくられるという点で、現実のサラリーマン社会は、映画『ファミリー・マン』で描かれるものよりも、もっと過酷な環境に置かれている企業もあるかもしれません。

そうした現実を考えると、本作のようなハッピーエンドづくしの終わり方は、ありがちな物語ではあるけれども、救いを与えてくれるという点で意味があるように感じました。

デインが家族と向き合うことの大切さを自覚させるきっかけとなった点で、子供の大病は物語の中でとても重要な位置を占めます。

働きづくしであったデインの論理は、自分が働き続けるのは妻や子供の生活のためだから、そのことに文句を言われても改善のしようがないというものです。

また、新しいポストを餌にしてライバルと数字を競わせるというデインが勤務する会社の経営者のやり方も、デインの競争意識や危機感を刺激し、そのことが彼の中の仕事の割合を一層増やしていくことになります。

こうしたデインの論理に対する妻エリース(グレッチェン・モル)の論理は、家族のためとは言っているけれども実際は自分の出世欲のために働いているのだろうとか、あるいは、もう少し家族のための時間を取ってもいいはずだとするものです。

夫は、自分の論理は妻に当然、わかってもらえるはずだと考え、妻はそうした夫を理解不能な存在と捉えるようになるという、まったく論理がかみ合わず、どちらかが譲歩しなければ解決の糸口が見つからない問題です。

子供の大病は、デインの目を家族に向けたという点で、夫婦感の対立解消の糸口として機能しています。しかし、これでは子供の大病のような何か特別なことがなければ、夫と妻の真っ向から対立する論理は解決できない問題なのかという疑問が生じます。

映画『ファミリー・マン』で描かれる夫婦間の問題は、どの夫婦でも起きる問題であり、作品中では非常にリアルに描かれていただけに、子供の大病を解決のきっかけにしてしまった点がいかにもな展開すぎて少し残念です。

また、デインが勤務する会社の働き方に関しても同じことが言えます。

数字が出なければ解雇をチラつかせながら休日返上で働かせる、競争意識を過度にあおった結果、不正がまかり通るような職場環境にするなど、猛烈型の経営者の残酷な経営方針が克明に描かれます。

デインは会社を解雇されることで、この環境から逃れることに成功するのですが、会社自体は変わらず猛烈型の企業のまま物語が終わってしまいました。

こうした猛烈型の企業の描かれ方は、世間一般の企業とさほど大きな違いはないように感じます。

そうであるならば、デインが企業から離れることで物語は終わりというのではなく、どこか企業風土も変わるきっかけを残すようにした方がもう少し救いを感じられたように思いました。

ファミリーマン(映画)の動画情報まとめ

ジェラルド・バトラー主演映画『ファミリー・マン ある父の決断』の動画フルを無料視聴する手軽な方法を紹介しました。

そして、ネタバレ感想と評価についてもまとめてあります。

今すぐ、ファミリー・マンをU-NEXTで見てみる

コメント

タイトルとURLをコピーしました