ザ・シークレットマン(映画)のフル動画を無料視聴!Netflixで見れる?

ヒューマンドラマ

リーアム・ニーソン主演映画『ザ・シークレットマン』【監督:ピーター・ランデズマン|原作:マーク・フェルト、ジョン・オコナー|原題:Mark Felt: The Man Who Brought Down the White House】(2017年)のフル動画を無料視聴する手軽な方法をご紹介します。

今すぐ、『ザ・シークレットマン』を無料で見てみる

\31日間以内に解約すれば、まったく料金はかかりません/

ザ・シークレットマン(映画)のフル動画を無料視聴する手軽な方法

下記のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、リーアム・ニーソン主演映画『ザ・シークレットマン』日本語吹き替え版および字幕版のフル動画が見放題で配信されています。

動画配信リスト
U-NEXT 〇(字幕)
FOD 〇(字幕・吹き替え)
Hulu ×
dTV 〇(字幕・吹き替え)
Amazonプライム 〇(字幕・吹き替え)
Netflix ×

(〇:見放題配信|△:有料配信|×:動画配信をしていない)

Netflix(ネットフリックス)は、2019年12月3日に無料体験が終了。1ヶ月のお試し期間がなくなり、申し込んだ時点から、料金が発生するようになりました。

※紹介しているVODサービスの情報は2020年5月4日時点のものです。現在は配信終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、最新の配信状況を各公式ホームページにてご確認ください。

ザ・シークレットマン(映画)を無料視聴するならU-NEXTがおすすめ

Netflix(ネットフリックス)で動画配信されていないので、見放題配信されているU-NEXTがおすすめです。

一方、U-NEXTに初めて登録される方には、無料で鑑賞できるトライアル期間が31日間あります。

お試し期間中に解約すれば、一切、お金はかかりません。ネット上のサービスは、自分で使ってみないと便利なのか判断できないので、ありがたいシステムです。

自分の環境に合えば、継続すれば良いですし、そうでなければ、他を探した方が動画ライフを楽しめます。そのために、トライアル期間を活用してみてくださいね。

『ザ・シークレットマン』で主演したリーアム・ニーソンの下記作品がU-NEXTで配信中です。

  • アンノウン
  • 誘拐の掟
  • ラン・オールナイト
  • フライト・ゲーム
  • 96時間・シリーズ
  • 特攻野郎Aチーム THE MOVIE

タフで渋いキャラクターが多いリーアム・ニーソンの活躍を存分に楽しんでくださいね。

さらに、U-NEXTの特典には31日間のお試しだけでなく、有料動画や漫画などに使える600円分のポイントがプレゼントされます。

最近は、公開年度の新しい映画が早い時期に、どんどん動画が配信されるようになりました。けれども、どこの動画配信サービスでも新作映画は、見放題ではありません。

そんなとき、特典でもらえるポイント600円分を使うことで、有料レンタル扱いの新作映画を追加料金なしで鑑賞することができます。

たとえば、2019年に公開されたリーアム・ニーソンが出演する映画『メン・イン・ブラック:インターナショナル』もポイントを使えば、視聴可能ですよ。

また、DVDレンタルのように借りに行ったり返却する面倒がありません。動画配信サービスなら、好きなときに手軽に見ることができるんです。

だから、U-NEXTは映画が好きな方にとって、チェックしないと損する動画配信サービスといえます。

▼▼▼U-NEXTで映画『ザ・シークレットマン』を見放題で鑑賞する▼▼▼

U-NEXT(ユーネクスト)

ザ・シークレットマン(映画)はpandoraやdailymotionなどの動画共有サイトでは無料で見られないの?

下記のサイトに動画を無料で見られるようにアップされていることがあります。

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)

ただし、最近では著作権違反ということで違法アップロードされた動画は削除されるまでの期間が短くなっています。

随時、サイトで確認すれば、新たにアップされた動画を見つけることができるかもしれません。

さらに、動画共有サイトには、次のようなリスクがあります。

画質が悪く、ウイルス感染する恐れもあるので、快適に視聴できるとは言えません。

もし、動画共有サイトで視聴するときは、自己責任でお願いします。

U-NEXTで映画『ザ・シークレットマン』を快適に視聴する

ザ・シークレットマン(映画)のネタバレ感想と評価

ウォーターゲート事件を描いた作品は『大統領の陰謀』が有名です。

『大統領の陰謀』が、ニクソン政権の腐敗を世に知らしめたジャーナリストの活躍を描いた作品であるのに対して、『ザ・シークレットマン』はそのジャーナリストに内密に情報を提供していたFBI副長官マーク・フェルト(リーアム・ニーソン)を描いたものです。

『大統領の陰謀』で描かれるジャーナリストは、政権腐敗や不正を暴くことにより正義を実現するという高邁な目標があり、後にピューリッツァー賞を受賞するなど、ジャーナリストとしても高く評価されます。

他方で、情報を提供する側であったフェルトを、不正を正すために正しいことを行った正義の人間とだけ見るのは難しいです。

マスコミに情報をリークするという内部告発は、組織から見れば裏切り者であり、組織間の利害対立や党派の対立といった問題が絡んでくると、ただ、社会正義に燃える人という一面的な見方をすることができないからです。

映画『ザ・シークレットマン』は、そうした複雑な側面をフェルトの立ち回りを描くことを通じて上手に描いています。

フェルトが内部告発を決意した理由は、ホワイトハウスの圧力によってウォーターゲート事件の捜査が強制的に終了させられそうになったことです。

FBIは犯罪捜査機関として、政権からの独立、そして、中立公正でなくてはならないことを信条とするフェルトにとってホワイトハウスの捜査への介入は耐え難いことだったでしょう。

また、事件への関与が疑われるニクソン大統領からの捜査中止圧力は当然ながら、あってはならないことと考えたことだと思います。

いわば悪のホワイトハウス対正義のFBIという対立の構図です。

けれども、ここにフェルトが民主党支持者であることや、フーヴァー長官亡き後のFBI長官の座をフェルトが目指していたことを考える必要があります。

はたして、フェルトの動機は映画『ザ・シークレットマン』で描かれたような政権による不正は正されなくてはならないとする純粋なものだけなのかどうかが怪しくなってきます。

フェルトの思惑は、共和党政権であるニクソン大統領を追い落とし、代わって成立するであろう民主党政権において FBI長官に任命することを画策していたと考えることもできるからです。

現実にはニクソン大統領辞任と同時期にフェルトはFBI副長官を辞任していますから、彼の本心をうかがい知ることはできません。

ウォーター事件のみならず、彼のFBIによる働きぶりをもう少し仔細に見たら、映画『ザ・シークレットマン』で描かれたものとは異なるフェルト像ができるのかもしれません。

作品の最後の部分で描かれていますが、FBI辞任後のフェルトの人生は必ずしも輝かしいものではありませんでした。

家出をしていた娘が家に戻るなど喜ばしい出来事もありましたが、FBI時代の違法捜査でフェルト自身は有罪となる、妻が自殺してしまうなど、不運な出来事が続きます。

これらの出来事を内部告発者の行く末として片付けてしまうのは浅はかな見方だとは思います。

だけど、自分が内部告発者であったことをひた隠しにしたフェルトが感じていたある種の負い目のようなものは、彼の周囲の人間や人生に確実に影響を与えていたでしょう。

そのことを考えると、もう少しFBIから離れた後のフェルトの人生を、映画『ザ・シークレットマン』では追うべきであったように感じました。

ザ・シークレットマン(映画)の無料視聴情報まとめ

リーアム・ニーソン主演映画『ザ・シークレットマン』の動画フルを無料視聴する手軽な方法を紹介しました。

そして、ネタバレ感想と評価についてもまとめてあります。

今すぐ、ザ・シークレットマンをU-NEXTで見てみる

コメント

タイトルとURLをコピーしました