ラッシュ/プライドと友情のフル動画を無料視聴!Netflixで見れる?【映画】

ヒューマンドラマ

クリス・ヘムズワースとダニエル・ブリュールのW主演映画『ラッシュ/プライドと友情』【監督:ロン・ハワード|原題:Rush】(2013年)のフル動画を無料視聴する手軽な方法をご紹介します。

今すぐ、『ラッシュ/プライドと友情』を無料で見てみる

\31日間以内に解約すれば、まったく料金はかかりません/

ラッシュ/プライドと友情のフル動画を無料視聴する手軽な方法【映画】

下記のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、クリス・ヘムズワースとダニエル・ブリュールのW主演映画『ラッシュ/プライドと友情』日本語吹き替え版および字幕版のフル動画が見放題で配信されています。

動画配信リスト
U-NEXT 〇(字幕・吹替)
FOD ×
Hulu ×
dTV ×
Amazonプライム 〇(字幕・吹替)
Netflix ×

(〇:見放題配信|△:有料配信|×:動画配信をしていない)

Netflix(ネットフリックス)は、2019年12月3日に無料体験が終了。1ヶ月のお試し期間がなくなり、申し込んだ時点から、料金が発生するようになりました。

※紹介しているVODサービスの情報は2020年5月15日時点のものです。現在は配信終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、最新の配信状況を各公式ホームページにてご確認ください。

ラッシュ/プライドと友情を無料視聴するならU-NEXTがおすすめ【映画】

Netflix(ネットフリックス)で動画配信されていません。だから、見放題配信しているU-NEXTがおすすめです。

U-NEXTに初めて登録される方には、無料で鑑賞できるトライアル期間が31日間あります。

お試し期間中に解約すれば、一切、お金はかかりません。ネット上のサービスは、自分で使ってみないと便利なのか判断できないので、ありがたいシステムです。

自分の環境に合えば、継続すれば良いですし、そうでなければ、他を探した方が動画ライフを楽しめます。そのために、トライアル期間を活用してみてくださいね。

『ラッシュ/プライドと友情』でニキ・ラウダを演じたダニエル・ブリュールの下記作品がU-NEXTで配信中です。

  • コロニア
  • EVA<エヴァ>
  • グッバイ、レーニン!
  • コッホ先生と僕らの革命
  • 黄金のアデーレ 名画の帰還

ダニエル・ブリュールの映画を楽しんでくださいね。

さらに、U-NEXTの特典には31日間のお試しだけでなく、有料動画や漫画などに使える600円分のポイントがプレゼントされます。

最近は、公開年度の新しい映画が早い時期に、どんどん動画が配信されるようになりました。けれども、どこの動画配信サービスでも新作映画は、見放題ではありません。

そんなとき、特典でもらえるポイント600円分を使うことで、有料レンタル扱いの新作映画を追加料金なしで鑑賞することができます。

たとえば、ダニエル・ブリュールが出演する映画『フィフス・エステート:世界から狙われた男』もポイントを使えば、視聴可能ですよ。

また、DVDレンタルのように借りに行ったり返却する面倒がありません。動画配信サービスなら、好きなときに手軽に見ることができるんです。

だから、U-NEXTは映画が好きな方にとって、チェックしないと損する動画配信サービスといえます。

▼▼▼U-NEXTで映画『ラッシュ/プライドと友情』を見放題で鑑賞する▼▼▼

U-NEXT(ユーネクスト)

ラッシュ/プライドと友情はpandoraやdailymotionなどの動画共有サイトでは無料で見られないの?【映画】

下記のサイトに動画を無料で見られるようにアップされていることがあります。

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)

ただし、最近では著作権違反ということで違法アップロードされた動画は削除されるまでの期間が短くなっています。

随時、サイトで確認すれば、新たにアップされた動画を見つけることができるかもしれません。

さらに、動画共有サイトには、次のようなリスクがあります。

画質が悪く、ウイルス感染する恐れもあるので、快適に視聴できるとは言えません。

もし、動画共有サイトで視聴するときは、自己責任でお願いします。

U-NEXTで映画『ラッシュ/プライドと友情』を快適に視聴する

ラッシュ/プライドと友情のネタバレ感想と評価【映画】

映画『ラッシュ/プライドと友情』は、ジェームズ・ハント(クリス・ヘムズワース)とニキ・ラウダ(ダニエル・ブリュール)という伝説的F1ドライバーのライバル関係を描いた物語です。

ハントのドライビングスタイルが天才肌であるのに対して、ラウダは理詰めでセットアップを向上させることで速さを発揮するタイプ。

そして、女性関係など、とにかく私生活も派手なのがハントで、オフは自宅でゆっくり過ごすラウダというように、あらゆる面で2人は真逆のタイプであり、キャリアを通じて事あるごとにいがみ合う関係にありました。

けれども、いがみ合う関係であっても尊敬し合う存在であり、そこには友情ともいうべきものが育まれていたことが『ラッシュ/プライドと友情』では描かれます。

モータースポーツを題材にした作品では、ドライバーの表情をうかがい知ることができず、また、車が与える迫力も、映像内では実車ほどのインパクトを与えることができないため、どこか退屈に感じさせてしまうものが多いです。

しかし、映画『ラッシュ/プライドと友情』では、レースの緊張感や迫力を最後まで感じることができ、レーシングカーの描写が傑出しています。

それは1つには、エンジンのピストンの上下動やドライバーの足元の映像を適宜、挟み込み、F1マシンの持つ躍動感を上手に表現したことにより、一見、車が走っているだけにしか見えないようなレースの場面で、ドライバーや車が味わうスポーツとしての過酷さを加えることに成功したからです。

もう1つには、物語全体を通じてF1というスポーツが本来もつ危険性を強調することで、どのレース映像にも死の危険性を感じさせるような緊張感を持たせることを演出しています。

76年のF1世界選手権は、ラウダの大事故とあまりに短い時間での復活、最終戦までチャンピオン争いがもつれるなど、モータースポーツ史上において最も劇的なシーズンであったと位置づけることができます。

映画『ラッシュ/プライドと友情』はハントとラウダの互いに負けられない意地を描き出してるのですが、その常人では考えられないほどの激しさに驚かされます。

圧巻であったのは、ドイツGPで瀕死の重傷を負ったラウダのリハビリシーンです。

肺に溜まった膿を吸引する場面は、目をそむけたくなるほど、つらそうな場面ですが、ラウダがその治療を耐え抜いたのは、ハントに対する怒りであり、彼に負けられないという意地があったからということが明かされます。

互いにいがみ合い憎しみ合う、だけど、そうした感情が、常人では耐えられない辛い治療を乗り越えるモチベーションになるというのは、普通では考えられないことです。

さらに驚くべきなのは、そうした互いに対する憎悪と呼べるような感情がやがて尊敬を生み出し、最後には友情と呼べるものまでに昇華することです。

エンディングの空港での2人のやり取りでこのことは明かされます。

おそらく達人という域に達した人間にしか感じることのできない友情なのだと思います。感動を感じる一方で、どこか異様さ感じさせるシーンです。

こうしたなかなか形容できない感情を刺激されるあたりに『ラッシュ/プライドと友情』の映画としての素晴らしさを感じます。

そして同時に、記録とレース映像でしか触れることのできなかったF1の76年シーズンを、より輝きを持って捉え直すことができるようになった映画でした。

ラッシュ/プライドと友情の無料視聴情報まとめ

クリス・ヘムズワースとダニエル・ブリュールのW主演映画『ラッシュ/プライドと友情』の動画フルを無料視聴する手軽な方法を紹介しました。

そして、ネタバレ感想と評価についてもまとめてあります。

今すぐ、ラッシュ/プライドと友情をU-NEXTで見てみる

コメント

タイトルとURLをコピーしました