スタンド・バイ・ミー(映画)の動画フル無料視聴!吹き替えも字幕も見れる

ヒューマンドラマ

映画『スタンド・バイ・ミー』【監督:ロブ・ライナー|原作:スティーヴン・キング『THE BODY』|原題:Stand by Me】(1986年)の動画フルを無料視聴する手軽な方法をご紹介します。

今すぐ、『スタンド・バイ・ミー』を無料で見てみる

\31日間以内に解約すれば、まったく料金はかかりません/

スタンド・バイ・ミー(映画)の動画フルを無料視聴する手軽な方法

下記のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、スティーヴン・キング原作映画『スタンド・バイ・ミー』日本語吹き替え版および字幕版のフル動画が見放題で配信されています。

動画配信リスト
U-NEXT 〇(字幕・吹替)
FOD ×
Hulu ×
dTV ×
Amazonプライム △(字幕)
Netflix 〇(字幕・吹替)

(〇:見放題配信|△:有料配信|×:動画配信をしていない)

Netflix(ネットフリックス)は、2019年12月3日に無料体験が終了。1ヶ月のお試し期間がなくなり、申し込んだ時点から、料金が発生するようになりました。

※紹介しているVODサービスの情報は2020年4月25日時点のものです。現在は配信終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、最新の配信状況を各公式ホームページにてご確認ください。

スタンド・バイ・ミー(映画)を見るならU-NEXTがおすすめ

U-NEXTには、無料で鑑賞できるトライアル期間が31日間あります。

お試し期間中に解約すれば、一切、お金はかかりません。ネット上のサービスは、自分で使ってみないと便利なのか判断できないので、ありがたいシステムです。

自分の環境に合えば、継続すれば良いですし、そうでなければ、他を探した方が動画ライフを楽しめます。そのために、トライアル期間を活用してみてくださいね。

『スタンド・バイ・ミー』と同じスティーヴン・キングの原作映画がU-NEXTにて動画配信中です。

  • ミスト
  • キャリー
  • ミザリー
  • シャイニング
  • グリーンマイル
  • ショーシャンクの空に
  • シークレット・ウインドウ

スティーヴン・キングの世界をたっぷりと鑑賞してください。

さらに、U-NEXTの特典には31日間のお試しだけでなく、有料動画や漫画などに使える600円分のポイントがプレゼントされます。

最近は、公開年度の新しい映画が早い時期に、どんどん動画が配信されるようになりました。けれども、どこの動画配信サービスでも新作映画は、見放題ではありません。

そんなとき、特典でもらえるポイント600円分を使うことで、有料レンタル扱いの新作映画を追加料金なしで鑑賞することができます。

たとえば、2019年に公開されたスティーヴン・キング原作映画『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』もポイントを使えば、視聴可能ですよ。

また、DVDレンタルのように借りに行ったり返却する面倒がありません。動画配信サービスなら、好きなときに手軽に見ることができるんです。

だから、U-NEXTは映画が好きな方にとって、チェックしないと損する動画配信サービスといえます。

▼▼▼U-NEXTで映画『スタンド・バイ・ミー』を見放題で鑑賞する▼▼▼

U-NEXT(ユーネクスト)

スタンド・バイ・ミー(映画)はpandoraやdailymotionなどの動画共有サイトでは無料で見られないの?

下記のサイトに動画を無料で見られるようにアップされていることがあります。

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)

ただし、最近では著作権違反ということで違法アップロードされた動画は削除されるまでの期間が短くなっています。

随時、サイトで確認すれば、新たにアップされた動画を見つけることができるかもしれません。

さらに、動画共有サイトには、次のようなリスクがあります。

画質が悪く、ウイルス感染する恐れもあるので、快適に視聴できるとは言えません。

もし、動画共有サイトで視聴するときは、自己責任でお願いします。

U-NEXTで映画『スタンド・バイ・ミー』を快適に視聴する

スタンド・バイ・ミーのネタバレ感想と評価【映画】

ランドローバーに乗っている男が新聞を読んでいます。クリス・チェンバーズ殺害事件の記事に目を止めている彼の名は、ゴードン・ラチャンス(リチャード・ドレイファス)。映画『スタンド・バイ・ミー』物語の語り部であり、主人公の1人でもあります。

彼が思いを馳せるのは1959年。オレゴン州の小さな町、キャッスルロックでクリスと一緒に過ごした12歳の夏。中学に入る前の一瞬は、二度と訪れない子供時代なのです。

主人公の少年は4人。

この頃はゴーディーと呼ばれていたゴードン(ウィル・ウィートン)、クリス(リヴァー・フェニックス)、テディ(コリー・フェルドマン)、バーン(ジェリー・オコンネル)です。ツリーハウスで何をしているかと思えば、タバコをふかしながら賭け事の真っ最中。

これでも全員12歳ですからね。

現在から見ると、とんでもないですが、1980年代の映画ではこんなシーンも許されましたし、1950年代の子供にとっては大人の真似事の1つに過ぎません。

「食事の後の一服が一番うまい」というセリフやタバコを吸う仕草から見るに、相当、吸いなれているようですけれど。

彼らが何をするのかと言えば、20マイルほど離れたハーロウ・ロードで列車にはねられた少年の死体を、徒歩で探しに行くのです。寝袋と小遣いを持って、2日間の冒険旅行が始まります。

道中は色々な事が起きますけど、主人公は好奇心旺盛でやんちゃ盛りの4人です。

空き缶に小石を投げ入れたり、口に含んだ水を吹きだしたりする、くだらない遊びでさえ、キラキラした少年時代の思い出になります。特に少年らしさが出ているのは、森で野宿するシーンでしょう。

創作好きなゴーディーの物語に容赦ないツッコミを入れたり、寝る前のとりとめのない会話に、なぜかグーフィーがたびたび出てきたり。焚火を囲んで、少年たちの夜は更けてゆきます。

でも彼らの会話を聞いていると、キラキラの陰にはそれぞれ悩みがあるんですよね。

バーンの兄はエース・メリル(キーファー・サザーランド)が率いるごろつきグループの一員ですし、テディの父親は第二次世界大戦の後遺症で精神を病んでいます。

もちろん、ゴーディーとクリスも大きな悩みを抱えています。

ゴーディーは、兄デニー(ジョン・キューザック)とどうしても比べられてしまいます。父親がゴーディーの話を無視するシーンは酷いですよね。たしかに、フットボール選手はスクールカーストの頂点ですけど、あまりにもデニーばかり可愛がり過ぎです。

だからゴーディーは、兄の代わりに自分が事故で死んだ方が良かったんじゃないかなどと考えているのです。

クリスは、給食費を盗んだことで停学処分を食らっています。しかし、ゴーディーだけに打ち明けたのは、信頼していた教師の裏切りでした。

もし、これを他の人に打ち明けたとしても、エースの腹心アイボール(ブラッドリー・グレッグ)の弟と小学校の先生、どちらの言葉を信じるかなんて考えるまでもありません。

主人公4人の中では、クリスだけが少し大人びた雰囲気です。そして、正義感も一番強いんですよね。ゴーディーにとって、クリスは頼れる兄貴分であり、憧れの存在だったのでしょう。

少年時代のひと夏の経験ですから、最後はみんな少しだけ大人になっています。でも、これを”僕らは少し成長した”とかじゃなくて「町が小さく見えた」と表現するところが、小説家になったゴーディーらしいですね。

たった2日、線路に沿った往復40マイルの旅。

大きな事件は起きないけれど、子供の頃は何でも面白かったな・・・なんて遠い目をしながらエンドクレジットを眺める。そんなセンチメンタルな映画でした。

スタンド・バイ・ミー(映画)の無料視聴情報まとめ

スティーヴン・キング原作映画『スタンド・バイ・ミー』の動画フルを無料視聴する手軽な方法を紹介しました。

そして、ネタバレ感想と評価についてもまとめてあります。

今すぐ、スタンド・バイ・ミーをU-NEXTで見てみる

コメント

タイトルとURLをコピーしました