未来を花束にしての動画フルを無料視聴!Netflixで見れる?【映画】

ヒューマンドラマ

キャリー・マリガン主演映画『未来を花束にして』【監督:サラ・ガヴロン|原題:Suffragette】(2015年)の動画フルを無料視聴する手軽な方法をご紹介します。

今すぐ、『未来を花束にして』を無料で見てみる

\31日間以内に解約すれば、まったく料金はかかりません/

未来を花束にしての動画フルを無料視聴する手軽な方法【映画】

下記のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、キャリー・マリガン主演映画『未来を花束にして』日本語字幕版のフル動画が見放題で配信されています。

動画配信リスト
U-NEXT 〇(字幕のみ)
FOD ×
Hulu ×
dTV ×
Amazonプライム 〇(字幕のみ)
Netflix ×

(〇:見放題配信|△:有料配信|×:動画配信をしていない)

Netflix(ネットフリックス)は、2019年12月3日に無料体験が終了。1ヶ月のお試し期間がなくなり、申し込んだ時点から、料金が発生するようになりました。

※紹介しているVODサービスの情報は2020年4月3日時点のものです。現在は配信終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、最新の配信状況を各公式ホームページにてご確認ください。

未来を花束にしてを無料で見るならU-NEXTがおすすめ【映画】

Netflixでは配信されていませんので、見放題で配信しているU-NEXTがおススメです。

U-NEXTには、無料で鑑賞できるトライアル期間が31日間あります。

お試し期間中に解約すれば、一切、お金はかかりません。ネット上のサービスは、自分で使ってみないと便利なのか判断できないので、ありがたいシステムです。

自分の環境に合えば、継続すれば良いですし、そうでなければ、他を探した方が動画ライフを楽しめます。そのために、トライアル期間を活用してみてくださいね。

『未来を花束にして』でモードを演じたキャリー・マリガンの下記作品がU-NEXTで配信中です。

  • ドライヴ
  • 17歳の肖像
  • 華麗なるギャツビー
  • わたしを離さないで
  • ウォール・ストリート
  • インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌

『17歳の肖像』では、アカデミー主演女優賞にノミネートされていますよ。

さらに、U-NEXTの特典には31日間のお試しだけでなく、有料動画や漫画などに使える600円分のポイントがプレゼントされます。

最近は、公開年度の新しい映画が早い時期に、どんどん動画が配信されるようになりました。けれども、どこの動画配信サービスでも新作映画は、見放題ではありません。

そんなとき、特典でもらえるポイント600円分を使うことで、有料レンタル扱いの新作映画を追加料金なしで鑑賞することができます。

たとえば、キャリー・マリガンが出演する映画『遥か群衆を離れて』もポイントを使えば、視聴可能ですよ。

また、DVDレンタルのように借りに行ったり返却する面倒がありません。動画配信サービスなら、好きなときに手軽に見ることができるんです。

だから、U-NEXTは映画が好きな方にとって、チェックしないと損する動画配信サービスといえます。

▼▼▼U-NEXTで映画『未来を花束にして』を見放題で鑑賞する▼▼▼

U-NEXT(ユーネクスト)

未来を花束にしてはpandoraやdailymotionなどの動画共有サイトでは無料で見られないの?【映画】

下記のサイトに動画を無料で見られるようにアップされていることがあります。

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)

ただし、最近では著作権違反ということで違法アップロードされた動画は削除されるまでの期間が短くなっています。

随時、サイトで確認すれば、新たにアップされた動画を見つけることができるかもしれません。

さらに、動画共有サイトには、次のようなリスクがあります。

画質が悪く、ウイルス感染する恐れもあるので、快適に視聴できるとは言えません。

もし、動画共有サイトで視聴するときは、自己責任でお願いします。

U-NEXTで映画『未来を花束にして』を快適に視聴する

未来を花束にしてのネタバレ感想と評価【映画】

映画『未来を花束にして』は、1910年代のイギリスにおける婦人参政権実現運動に参加した女性たちを描いた作品です。

幼い頃から洗濯工場で働く主人公モード・ワッツ(キャリー・マリガン)は、当初、婦人参政権実現運動には無関心であるばかりか、その過激な運動方針を煙たく感じる女性でした。

しかし、同僚女性からの勧誘、議会での証言等をきっかけに、次第に運動にのめり込んでいくようになります。

彼女の目を通じた婦人参政権実現運動と、それが持った歴史的意義を考えるのが本作の狙いです。

映画『未来を花束にして』で描かれる婦人参政権実現運動は、例えば商店のガラスに投石しながら自らの政治的主張をアピールするなど、過激な活動を行うことで世間の注目を集め、それによって婦人参政権実現に対する支持を得ようとするものでした。

物語のエンディングでは、自らの命を投げ捨てて婦人参政権実現をアピールしようとしたモードの仲間の葬儀の場面が描かれています。そして、こうした彼女たちの命がけの運動が、数年後の婦人参政権の実現に大きく貢献したことことが強調されています。

映画『未来を花束にして』を観る限りでは、女性たちによる、こうした過激な運動が婦人参政権実現の大きな推進力となったとされていますが、はたして史実に照らして、それが本当かどうかについては考えさせられてしまいました。

物語冒頭でも描かれていたように、婦人参政権実現運動は非合法であり、モードが当初、運動への参加をためらったのは、非合法活動に身を挺することの危険性に怯んだ部分もあります。

だとするならば、非合法活動に対する世間の冷淡な視線をはねのけ、婦人参政権を実現するために世論の支持を得るには、暴力的活動を通じた政治的アピールだけでは不十分で、何か別の要因があったはずだと考えられます。

その別の要因が描かれていないために、女性たちが過激な活動をした結果、婦人参政権を実現したという非常に平板な物語になってしまっているあたりに、史実を単純化しすぎている印象を受けました。

非合法活動に参加し、職場を解雇される、夫のサニー(ベン・ウィショー)からは離婚を通告され子供の親権を取られてしまうなど、モードが次第に追い詰められ、過激な運動に参加せざるを得ない状況に追い込まれていく様子が丹念に描かれます。

モードの表情からは、自身が置かれた境遇に対する逃げ場のない絶望と運動に何らかの希望を見出したい熱意がうかがえます。

男性優位に作られた政治社会制度の下で追い詰められていく女性という視点からモードの人物像が作り上げられていきます。

映画『未来を花束にして』では、女性に対する様々な場面が描かれていました。

例えばモードの職場の同僚女性たちが彼女を見つめる冷淡な視線、あるいは、当時、厳然として存在していたイギリス社会の階級制度など、男性対女性という見方では説明しきれない状況も数多く登場します。

どちらかといえば内向的で、世の中や他者に対して怒りをぶつけるタイプではないモードが、過激な社会変革運動の熱心な支持者に変貌していった理由を、もう少し多角的に観る必要があることを感じます。

過去の人間や事柄を描くからといって、ここまで単純に描いてしまうのは少し乱暴な気がしました。

未来を花束にしての無料視聴情報まとめ

キャリー・マリガン主演映画『未来を花束にして』の動画フルを無料視聴する手軽な方法を紹介しました。

そして、ネタバレ感想と評価についてもまとめてあります。

今すぐ、未来を花束にしてをU-NEXTで見てみる

コメント

タイトルとURLをコピーしました