ハドソン川の奇跡の動画フル無料視聴!字幕も吹き替えも見える【映画】

ヒューマンドラマ

トム・ハンクス主演映画『ハドソン川の奇跡』【監督:クリント・イーストウッド|原作:チェスリー・サレンバーガー、ジェフリー・ザスロー(|原題:Sully】(2016年)のフル動画を無料視聴する手軽な方法をご紹介します。

今すぐ、『ハドソン川の奇跡』を無料で見てみる

\31日間以内に解約すれば、まったく料金はかかりません/

ハドソン川の奇跡の動画フルを無料視聴する手軽な方法【映画】

下記のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、トム・ハンクス主演映画『ハドソン川の奇跡』日本語吹き替え版および字幕版のフル動画が見放題で配信されています。

動画配信リスト
U-NEXT △(字幕・吹替)
FOD ×
Hulu ×
dTV 〇(字幕・吹替)
Amazonプライム △(字幕・吹替)
Netflix ×

(〇:見放題配信|△:有料配信|×:動画配信をしていない)

Netflix(ネットフリックス)は、2019年12月3日に無料体験が終了。1ヶ月のお試し期間がなくなり、申し込んだ時点から、料金が発生するようになりました。

※紹介しているVODサービスの情報は2020年5月6日時点のものです。現在は配信終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、最新の配信状況を各公式ホームページにてご確認ください。

ハドソン川の奇跡を見るならdTVがおすすめ【映画】

dTVには、無料で鑑賞できるトライアル期間が31日間あります。

お試し期間中に解約すれば、一切、お金はかかりません。ネット上のサービスは、自分で使ってみないと便利なのか判断できないので、ありがたいシステムです。

自分の環境に合えば、継続すれば良いですし、そうでなければ、他を探した方が動画ライフを楽しめます。そのために、トライアル期間を活用してみてくださいね。

また、映画の他にも海外ドラマや国内ドラマ、アニメ、オリジナル作品など充実しています。

『ハドソン川の奇跡』でサレンバーガーを演じているトム・ハンクスが出演している下記の映画も見放題で配信中です。

  • ダ・ヴィンチ・コード
  • 天使と悪魔
  • インフェルノ
  • ザ・サークル
  • 王様のためのホログラム

トム・ハンクスの幅広い演技を楽しんでくださいね。

▼▼▼dTVで映画『ハドソン川の奇跡』を鑑賞する▼▼▼

dTV

ハドソン川の奇跡はpandoraやdailymotionなどの動画共有サイトでは無料で見られないの?【映画】

下記のサイトに動画を無料で見られるようにアップされていることがあります。

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)

ただし、最近では著作権違反ということで違法アップロードされた動画は削除されるまでの期間が短くなっています。

随時、サイトで確認すれば、新たにアップされた動画を見つけることができるかもしれません。

さらに、動画共有サイトには、次のようなリスクがあります。

画質が悪く、ウイルス感染する恐れもあるので、快適に視聴できるとは言えません。

もし、動画共有サイトで視聴するときは、自己責任でお願いします。

dTVで映画『ハドソン川の奇跡』を快適に視聴する

ハドソン川の奇跡のネタバレ感想と評価【映画】

映画『ハドソン川の奇跡』は、2009年1月15日に発生した、ニューヨークのハドソン川への旅客機着水事故を描いた作品です。

いきなり着水事故当日の様子を描いたシーンから作品は始まります。これは事故後の国家運輸安全委員会による調査やそれに対する旅客機の機長チェスリー・サレンバーガー(トム・ハンクス)の対応を描くことが作品の1つの柱になることを伺わせる物語の出発です。

事故にいたる経緯を時系列に沿って描くのではなく、国家運輸安全委員会において呈された疑問に答えるようにサレンバーガーの回想が差し込まれ、作品を見終えると事故の全体像がサレンバーガーの生い立ちを含めて把握できるような仕組みになっています。

事故発生当時、サレンバーガーは1人の負傷者も出さずに旅客機を無事に着水させた英雄として全米から称賛されます。

これに対して、国家運輸安全委員会は、彼のことを無事に空港まで生還できたにも関わらず機を着水させた容疑者として扱い、世論が祭り上げる英雄像に疑問を呈するスタンスでした。

そのため、物語は、一度は英雄として称賛された人物の行いを、入念に再検証したにも関わらず、過失は見当たらず、結局、英雄であることに変わりはなかったという流れになります。

この流れは、終始サレンバーガーを英雄として称賛する物語よりも、彼が着水を無事成功させたという英雄的行為に加え、英雄として認められるためのハードルすらもクリアしたものとなり、感動がより深まる効果を狙った構成であるように感じました。

着水事故が世界的に有名な出来事で、しかも、つい最近、発生したものであることから、アメリカにおけるサレンバーガーを英雄視する空気はよく理解できます。

しかし、後の国家運輸安全委員会による調査も含めて事故を再構成しようとする捉え方は、いかにもクリント・イーストウッドらしいセンスが感じられ、単純な感動物語にしたくないとする意図がそこに込められています。

けれども、国家運輸安全委員会は彼を半ば犯罪者として断罪しようとするスタンスを取るのですが、果たして、これが事実かどうかについては疑わしく感じました。

たしかに、飛行機が1機、墜落した責任は追求しなくてはならず、国家運輸安全委員会が一定程度、厳しい姿勢を取ったことは容易に想像がつきます。

しかしながら、映画『ハドソン川の奇跡』で描かれるような、頭からサレンバーガーの人格を否定するような姿勢で調査に臨むことはあり得ないと考えられるからです。

国家運輸安全委員会の姿勢を度が越した厳しいものとして描いた結果、サレンバーガーは、乗員乗客すべての命を救った英雄であることに加え、無実の罪を晴らし名誉を回復した点でも英雄視される物語となっています。

両者は英雄を描くという意味では同じ物語ではあるけれども、後者の英雄には国家運輸安全委員会に対する溜飲を下げた意味での痛快さも加わりました。

事実に照らして、こうした二重の意味での英雄としてサレンバーガーを描くことがいいのかどうかは議論の余地がありそうです。

映画『ハドソン川の奇跡』で描かれるサレンバーガーは、事故後、自らを英雄視する世間の声に戸惑いを見せる一方で、国家運輸安全委員会による調査に対しては断固として反論します。

そこには自らのパイロットとしての技量に対する揺るぎない自信と職業意識の高さ、他方で、自分一人が乗員乗客を救ったわけではないとする謙虚さが混在しています。

恐らく、こうした人物像が本作が強調しようとした英雄であって、そうした英雄像を作り上げるために、国家運輸安全委員会による調査がやや誇張された描き方をされたのかもしれません。

ハドソン川の奇跡の無料動画視聴まとめ

トム・ハンクス主演映画『ハドソン川の奇跡』の動画フルを無料視聴する手軽な方法を紹介しました。

そして、ネタバレ感想と評価についてもまとめてあります。

今すぐ、ハドソン川の奇跡をdTVで見てみる

コメント

タイトルとURLをコピーしました