ファウンダーハンバーガー帝国のヒミツのフル動画無料視聴!Netflixで見れる?

ヒューマンドラマ

マイケル・キートン主演映画『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』【監督:ジョン・リー・ハンコック|原題:The Founder】(2016年)のフル動画を無料視聴する手軽な方法をご紹介します。

今すぐ、『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』を無料で見てみる

\31日間以内に解約すれば、まったく料金はかかりません/

ファウンダーハンバーガー帝国のヒミツのフル動画を無料視聴する手軽な方法

下記のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、マイケル・キートン主演映画『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』日本語字幕版のフル動画が見放題で配信されています。

動画配信リスト
U-NEXT 〇(字幕)
FOD 〇(字幕)
Hulu ×
dTV ×
Amazonプライム 〇(字幕)
Netflix 〇(字幕)

(〇:見放題配信|△:有料配信|×:動画配信をしていない)

Netflix(ネットフリックス)は、2019年12月3日に無料体験が終了。1ヶ月のお試し期間がなくなり、申し込んだ時点から、料金が発生するようになりました。

※紹介しているVODサービスの情報は2020年5月5日時点のものです。現在は配信終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、最新の配信状況を各公式ホームページにてご確認ください。

ファウンダーハンバーガー帝国のヒミツ(映画)を無料視聴するならU-NEXTがおすすめ

Netflix(ネットフリックス)で動画配信されていますが、無料体験キャンペーンが終了しています。だから、登録した時点で有料です。

一方、U-NEXTに初めて登録される方には、無料で鑑賞できるトライアル期間が31日間あります。

お試し期間中に解約すれば、一切、お金はかかりません。ネット上のサービスは、自分で使ってみないと便利なのか判断できないので、ありがたいシステムです。

自分の環境に合えば、継続すれば良いですし、そうでなければ、他を探した方が動画ライフを楽しめます。そのために、トライアル期間を活用してみてくださいね。

『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』で主演したマイケル・キートンの下記作品がU-NEXTで配信中です。

  • バットマン
  • バットマン リターンズ
  • ビートルジュース
  • アメリカン・アサシン
  • スポットライト 世紀のスクープ
  • スパイダーマン:ホームカミング

ぶっ飛んだキャラクターもこなせるマイケル・キートンの演技をいろんな映画を見て楽しんでくださいね。

さらに、U-NEXTの特典には31日間のお試しだけでなく、有料動画や漫画などに使える600円分のポイントがプレゼントされます。

最近は、公開年度の新しい映画が早い時期に、どんどん動画が配信されるようになりました。けれども、どこの動画配信サービスでも新作映画は、見放題ではありません。

そんなとき、特典でもらえるポイント600円分を使うことで、有料レンタル扱いの新作映画を追加料金なしで鑑賞することができます。

たとえば、2019年に公開されたマイケル・キートンが出演するディズニーの実写版映画『ダンボ』もポイントを使えば、視聴可能ですよ。

また、DVDレンタルのように借りに行ったり返却する面倒がありません。動画配信サービスなら、好きなときに手軽に見ることができるんです。

だから、U-NEXTは映画が好きな方にとって、チェックしないと損する動画配信サービスといえます。

▼▼▼U-NEXTで映画『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』を見放題で鑑賞する▼▼▼

U-NEXT(ユーネクスト)

ファウンダーハンバーガー帝国のヒミツ(映画)はpandoraやdailymotionなどの動画共有サイトでは無料で見られないの?

下記のサイトに動画を無料で見られるようにアップされていることがあります。

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)

ただし、最近では著作権違反ということで違法アップロードされた動画は削除されるまでの期間が短くなっています。

随時、サイトで確認すれば、新たにアップされた動画を見つけることができるかもしれません。

さらに、動画共有サイトには、次のようなリスクがあります。

画質が悪く、ウイルス感染する恐れもあるので、快適に視聴できるとは言えません。

もし、動画共有サイトで視聴するときは、自己責任でお願いします。

U-NEXTで映画『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』を快適に視聴する

ファウンダーハンバーガー帝国のヒミツ(映画)のネタバレ感想と評価

マクドナルドといえば、アメリカの食文化を代表する巨大ハンバーガーチェーンであり、また、世界各地に展開する多国籍企業を代表する存在です。

映画『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』は、マクドナルドを世界的チェーンにまで成長させる礎を築いたレイ・クロックに焦点をあて、彼が10年にも満たない短期間にマクドナルドを急成長させた軌跡をたどっています。

ミルクセーキ製造機のセールスマンであったクロック(マイケル・キートン)が、製造機を購入したマクドナルド兄弟のハンバーガー店の運営に感銘を受け、兄弟にフランチャイズ化を持ちかけました。

フランチャイズ事業は軌道に乗っていくのですが、経営方針をめぐる兄弟とクロックの対立を解消することはできず、やがてクロックは兄弟から経営権を買い取り、チェーンとして、さらなる発展を目指していくことになるストーリーです。

このストーリからもわかるように、クロックは創業家からハンバーガー店経営のノウハウを奪い取る形で成功への切符を手に入れました。

映画『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』は、経営権を買い取る段階で終わっているのですが、そこには当然、創業家をないがしろにしたことに対するクロックの倫理感の動揺や後ろめたさがあったように感じます。

彼自身は、それがビジネスだと言い切ることにより自らの行動を正当化しようとしています。こうした内面の動揺と表面的な正当化を包み隠さず描いているあたりに、いたずらにクロックの功績を美化しようとしない、事実に対する本作の誠実さがうかがえました。

当然、物語の終わりは、世界企業の礎を作った経営者の感動譚としては終わらず、どこかほろ苦さを感じさせるものなのですが、むしろ、こうしたエンディングのあり方に新鮮さやリアリティーを感じてしまいます。

映画『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』で強調されていたのは、クロックがマクドナルドをスタートさせたのが52歳と遅咲きであった点です。

それまでのクロックは、車に商品を積み、各地を売り歩くセールスマンでした。こうした生活からいつか脱却したい、何とかして成功のチャンスを掴みたいという切実な欲求が、クロック演じるマイケル・キートンからは伝わります。

マクドナルド兄弟の店舗を見て、絶対にモノになるという確信が彼の中には芽生えたのだと思いますが、そうした確信を下支ええしていたものが、現実を変えたいとする彼の切実な望みだったと言えるでしょう。

このあたりに、若くして成功したビジネスマンとは異なる、長い間、満たされない思いを抱き続けてきた人間特有の熱意を感じます。

店舗数を拡大してフランチャイズ化をどんどん進めたいクロックに対し、マクドナルド兄弟は真っ向から反対を示しました。堅実さを重視し、拙速な拡大戦略を良しとしないマクドナルド兄弟の姿勢は、確かに説得力があります。

他方で自宅を抵当に入れてまで事業を進めるクロックにとって、時間をかける資金的余裕はなく、彼の主張も最もだと感じました。ビジネスをめぐる根本的な対立であり、円満に解決することなど、なかったのだろうと思います。

そのため、どちらが正しいとか、どちらが善であるといった二項対立的な見方で映画『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』を捉えると、誤った解釈になってしまいます。そのことを気付かせる意味でも本作はかなり意義深いと感じました。

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ(映画)の無料視聴情報まとめ

マイケル・キートン主演映画『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』の動画フルを無料視聴する手軽な方法を紹介しました。

そして、ネタバレ感想と評価についてもまとめてあります。

今すぐ、ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツをU-NEXTで見てみる

コメント

タイトルとURLをコピーしました