黄金のアデーレ名画の帰還の動画フル無料視聴!レンタルより手軽【映画】

ヒューマンドラマ

ヘレン・ミレン主演映画『黄金のアデーレ 名画の帰還』(2015年)【監督:サイモン・カーティス|原題:Woman in Gold】の動画フルを無料視聴する手軽な方法をご紹介します。

また、ネタバレ感想や評価についてもまとめました。

今すぐ、『黄金のアデーレ』を無料で見てみる

\31日間以内に解約すれば、まったく料金はかかりません/

黄金のアデーレ名画の帰還の動画フルを無料視聴する手軽な方法【ヘレン・ミレン主演映画】

下記のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、ヘレン・ミレン主演映画『黄金のアデーレ 名画の帰還』日本語字幕版のフル動画が見放題で配信されています。

動画配信リスト
U-NEXT 〇(字幕)
FOD ×
Hulu ×
dTV ×
Amazonプライム 〇(字幕)

(〇:見放題配信|△:有料配信|×:動画配信をしていない)

※紹介しているVODサービスの情報は2020年2月25日時点のものです。現在は配信終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、最新の配信状況を各公式ホームページにてご確認ください。

映画好きならチェックしないと損するU-NEXTの特徴

U-NEXTには、無料で鑑賞できるトライアル期間が31日間あります。

お試し期間中に解約すれば、一切、お金はかかりません。ネット上のサービスは、自分で使ってみないと便利なのか判断できないので、ありがたいシステムです。

自分の環境に合えば、継続すれば良いですし、そうでなければ、他を探した方が動画ライフを楽しめます。そのために、トライアル期間を活用してみてくださいね。

そして、2020年2月25日時点では、下記のヘレン・ミレン出演映画が見放題で配信中です。

  • RED/レッド
  • REDリターンズ
  • アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場
  • ペイド・バック
  • ロング,ロングバケーション
  • 家政婦の秘密

ヘレンの魅力ある演技を楽しんでくださいね。

さらに、U-NEXTの特典には31日間のお試しだけでなく、有料動画や漫画などに使える600円分のポイントがプレゼントされます。

最近は、公開年度の新しい映画が早い時期に、どんどん動画が配信されるようになりました。けれども、どこの動画配信サービスでも新作映画は、見放題ではありません。

そんなとき、特典でもらえるポイント600円分を使うことで、有料レンタル扱いの新作映画を追加料金なしで鑑賞することができます。

ヘレン・ミレンも出演している、ドウェイン・ジョンソンとジェイソン・ステイサムのW主演映画『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』もポイントを使えば、視聴可能ですよ。

また、DVDレンタルのように借りに行ったり返却する面倒がありません。動画配信サービスなら、好きなときに手軽に見ることができるんです。

だから、U-NEXTは映画が好きな方にとって、予想以上に便利な動画配信サービスといえます。

▼▼▼U-NEXTで映画『黄金のアデーレ 名画の帰還』を見放題で鑑賞する▼▼▼

U-NEXT(ユーネクスト)

黄金のアデーレ名画の帰還はパンドラやデイリーモーションなどの動画共有サイトでは無料で見られないの?【ヘレン・ミレン主演映画】

下記のサイトに動画を無料で見られるようにアップされていることがあります。

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)

ただし、最近では著作権違反ということで違法アップロードされた動画は削除されるまでの期間が短くなっています。

随時、サイトで確認すれば、新たにアップされた動画を見つけることができるかもしれません。

さらに、動画共有サイトには、次のようなリスクがあります。

画質が悪く、ウイルス感染する恐れもあるので、快適に視聴できるとは言えません。

もし、動画共有サイトで視聴するときは、自己責任でお願いします。

U-NEXTで映画『黄金のアデーレ 名画の帰還』を快適に視聴する

黄金のアデーレ名画の帰還のネタバレ感想と評価【ヘレン・ミレン主演映画】

アカデミー賞女優ヘレン・ミレン主演の『黄金のアデーレ 名画の帰還』を観ました。

グスタフ・クリムトの描いた「アデーレ・ブロッホ=バウアーの肖像 I(黄金のアデーレ)」を巡る裁判および返還までの過程を描いた映画で、実話が元になっています。

この映画を観るまで、「黄金のアデーレ」にそんな深い話があるとは知らなかったので、とても興味深い内容でした。

主人公のマリア・アルトマンの叔母アデーレ(アンチュ・トラウェ)がモデルになった「黄金のアデーレ」の所有権は自分にあることを訴えるマリア。

第二次世界大戦中、ナチスによって、ユダヤ人であったアルトマン一家の財産は全て没収され、その中に「黄金のアデーレ」があったのです。

「黄金のアデーレ」は戦後、マリアの父のもとに一旦、返されます。しかし、アデーレ叔母の遺言に因んでオーストリアの美術館に寄贈されることとなりました。

それ以来、「黄金のアデーレ」は、「オーストリアのモナリザ」と称される国宝になったのです。けれども、アデーレ叔母の遺言が無効であったことから、マリアは絵の返還をオーストリア政府に訴えました。

もちろん、国宝の絵画をオーストリア政府が一つ返事で返すわけもなく、泥沼化します。

「オーストリア政府もナチスと変わらない。絵をただの利益としか見ていない」と憤慨するマリアのユダヤ人らしい激情を名優ヘレン・ミレンが実に見事に演じ切っていました。

人々にとって、クリムトの「黄金のアデーレ」とは何なのでしょうか?

著名な画家のクリムトの傑作?素晴らしい絵画?オーストリアの至宝?

芸術的な観点からも非常に価値の高い一級芸術品であるという認識に変わりはないでしょう。

しかし、マリアにとってはどうでしょう?

大好きな美しい叔母の肖像画であり、思い出の詰まったものなのです。暖炉の上に掛けられていたというその絵は、家族の一員のような存在だったのでしょう。

絵に対する思い入れが違うのは当たり前ですが、マリアは「黄金のアデーレ」を一枚の絵として見ていないように感じました。

もっと深い、もっと大切なもので、マリアの心と共鳴してきたもののように思えたのです。

そんな熱い想いを持っていたからこそ、途中で挫折することなく、年月を掛けて「黄金のアデーレ」を返還してもらうことに成功したのでしょう。

辛い思い出、苦い思い出、後悔といった様々な感情の波に飲み込まれるマリアと若き弁護士シェーンベルグ(ライアン・レイノルズ)の苦悩は、第二次世界大戦を生き残ったユダヤ人、およびその子孫たちが、現在も抱えているものでもあるのでしょう。

戦争から時が経ち、ヒトラーが一つの歴史になりつつある今、過去を見返し、現在にまで続く戦争の問題の解決に乗り出す姿勢を見せることの重要性が説かれた映画であったように思います。

映画『黄金のアデーレ 名画の帰還』を通し、「60年も70年も昔の話をしたって・・・」という若者の認識の甘さに警鐘を鳴らしていたわけです。ナチスが没収した美術品問題は、今、現在も残っている話なわけですから。

同時に、なぜ「ユダヤ人」が迫害の対象に選ばれたのかも分かったような気がします。

「黄金のアデーレ」を始めルノワールやドガなどの一流画家による名画が家中にあるというのは、よほどのお金持ちでない限り出来ないことですよね。

ヒトラーが台頭した頃のドイツは決して金回りが良い国ではなく、むしろ貧困国でした。そんな国の中でもお金に不自由することなく上流の生活を楽しんでしたユダヤ人たちがドイツ人から目を付けられるのも無理のない話だったのでしょう。

常識が常識では無くなる群集心理のもろさが垣間見えました。

ところで、画家になりたかったヒトラーが芸術アカデミーの入学を拒絶され、画家になる道を断たれた恨み辛み、そして絵への愛が歪んだ形で美術品没収へと繋がっていったわけですが、その数は数百万も数千万もあると言われています。

それら美術品に関しては、没収されていた時にユダヤ人の間で帳簿が付けられ、「○○の邸宅から○○や○○などの作品○○点没収」など細かい情報がきっちり記されたノートが残っていました。

そのノートを見れば、どの作品がどの家族のものかは一目瞭然で、それを元に美術品の返還を求めるユダヤ人は後を絶ちません。

実際、映画『黄金のアデーレ 名画の帰還』の中でもマリア以外のユダヤ人が涙ながらに美術品返還を訴えるシーンが何度となく登場しています。

それにも関わらず、返還された美術品はごくわずかであり、未だに10万点以上の美術品が返還されていない事実があるというのです。

今後、その美術品は元の持ち主に返還されるのでしょうか?

気になるところです。

まとめ

ヘレン・ミレン主演映画『黄金のアデーレ 名画の帰還』の動画フルを無料視聴する手軽な方法を紹介しました。

そして、ネタバレ感想と評価についてもまとめてあります。

ヘレン・ミレンは、同年代に公開された映画『アイインザスカイ』ではキャサリン・パウエル大佐を演じてたよね。彼女の軍服姿がカッコよかったね。

今すぐ、黄金のアデーレをU-NEXTで見てみる

コメント

タイトルとURLをコピーしました