クラウドアトラス(吹き替え)の動画フル無料視聴!huluで見える?【映画】

SF

デイヴィッド・ミッチェル原作映画『クラウドアトラス』【監督:トム・ティクヴァ、ラナ・ウォシャウスキー、アンディ・ウォシャウスキー|原題:Cloud Atlas】(2012年)の動画フルを無料視聴する手軽な方法をご紹介します。

今すぐ、『クラウドアトラス』を無料で見てみる

\31日間以内に解約すれば、まったく料金はかかりません/

クラウドアトラス(吹き替え)の動画フルを無料視聴する手軽な方法をご紹介!【映画】

下記のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、デイヴィッド・ミッチェル原作映画『クラウドアトラス』日本語吹き替え版および字幕版のフル動画配信がされています。

動画配信リスト
U-NEXT 〇(字幕・吹替)
FOD ×
Hulu ×
dTV △(字幕・吹替)
Amazonプライム △(字幕・吹替)

(〇:見放題配信|△:有料配信|×:動画配信をしていない)

※紹介しているVODサービスの情報は2020年3月20日時点のものです。現在は配信終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、最新の配信状況を各公式ホームページにてご確認ください。

クラウドアトラス(吹き替え)の動画を見放題で視聴するならU-NEXT

U-NEXTには、無料視聴できるトライアル期間が31日間あります。トライアル期間中に解約すれば無料(0円)です。一度、使ってみてから継続して契約するか判断できるので、ユーザーにやさしいシステムになっています。

『クラウドアトラス』の監督のひとり、トム・ティクヴァの以下の映画も見放題で配信中です。

  • パリ、ジュテーム
  • ザ・バンク 堕ちた巨像
  • 王様のためのホログラム
  • パフューム ある人殺しの物語

また、ウォシャウスキー監督といえば、『マトリックス』シリーズですが、3タイトルすべて、U-NEXTなら見放題で見られます。

さらに、U-NEXTの特典には31日間無料トライアルだけでなく、600円分のポイントがプレゼントされます。

U-NEXTは、公開年度の新しい映画が早い時期に動画配信されます。ただし、どこの動画配信サービスでも新作映画は、見放題ではなく、有料レンタル扱いです。

そんなとき、特典でもらえるポイント600円分を使うことで、公開年度の新しい映画をタダ(0円)で鑑賞することができます。

今なら、ウィル・スミス主演映画『ジェミニマン』もポイントを使えば追加料金なしで視聴できます。

また、DVDレンタルのように借りに行ったり返却する手間はなく、好きなときに手軽に見ることができるんです。

だから、U-NEXTは映画が好きな方にとって、予想以上にハマる動画配信サービスといえるでしょうね。

▼▼▼U-NEXTで映画『クラウドアトラス』を鑑賞する▼▼▼

U-NEXT(ユーネクスト)

クラウドアトラス(吹き替え)をパンドラやデイリーモーションでは無料で見られないの?【映画】

下記のサイトに無料で動画が見られるようにアップされていることがあります。

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)

著作権を無視して勝手にアップロードされているので、削除される可能性が高いです。さらに、削除されるまでの期間も短くなっています。

もし、動画がアップされていても画質や音質が悪く、広告が画面をおおうように出ることもあるので、ストーリーを楽しむことができません。さらに、スマホやパソコンがウイルス感染する危険性もあります。

また、安全な動画配信サービスで見放題になっていますから、リスクがあるパンドラで視聴する意味もありませんね。

U-NEXTで映画『クラウドアトラス』を快適に視聴する

クラウドアトラスのネタバレ感想と評価【映画】

映画『クラウドアトラス』は、19世紀の奴隷貿易をめぐる物語から、文明崩壊後の未来の地球に関する物語まで、複数の時間と場所を行き来しながら物語が展開していく作品です。

しかし、それらの軸となる物語がはっきりとは提示されていないため、時間を超越した複数の物語が、最後に1つの物語として完結することを期待していると肩透かしを受ける作品になっています。

また、同一の俳優が複数の物語に、別の役として登場することも大きな特徴で、例えば作品冒頭に登場するトム・ハンクス演じる老人は、奴隷貿易の物語では船医として、別の21世紀の編集者の物語ではアウトローの作家として登場しました。

映画『クラウドアトラス』の主要な役柄を演じる俳優のほとんどが複数の役柄を演じるのですが、それぞれの場面と役柄に合わせたメイクで登場し、まったくの別人格として登場している点が面白いです。

近未来のクローンの少女をめぐる物語で明らかとなるように、複製種と呼ばれるクローン人間がそれぞれの物語を結ぶ鍵となっています。

クローン人間には、体のどこかに彗星の形をした痣があり、すべての物語の主人公はこの痣を持っていることから、彼らがクローン人間であることがわかります。

しかし、例えばクローン人間の製造など、複製種の成り立ちそのものを扱った物語は、クローン少女をめぐる物語だけであり、他の物語では、クローン人間が物語の主要なテーマにはなっていませんでした。

また、物語のなかでクローンについて触れられることもありません。

例えば20世紀の作曲家をめざす青年に関する物語では、優れた才能を持ちながらも、ゲイであるがゆえに虐げられる青年が主人公です。

彼は高名な作曲家の採譜師として働くのですが、作曲家にゲイであることがバレると社会的に抹殺されそうになり、そのことを苦にして自殺してしまいます。

あるいは奴隷貿易をめぐる物語では、弁護士として奴隷船に乗り込んだ青年が、奴隷貿易のあまりの理不尽さにうんざりし、結局、奴隷貿易を辞め、黒人解放運動へ身を投じていきます。

それぞれの物語のテーマを考えていくと、そこには自由に生きる、あるいは、自由を獲得することの難しさ、究極的には自由とは何かといったテーマが共通していました。

作曲家志望の人間は自由に生きることを求め、周囲にそれを認めてもらいたいと考えていましたが、強い社会規範の存在のために、自由を叶えることはできません。

他方で奴隷船に乗り組んだ弁護士も、奴隷貿易から抜け出したという点で自由を獲得できたけれども、彼が望む、黒人奴隷解放の実現には様々な圧力がかかることが予想され、思い立ったらすぐに実現するものではありませんでした。

そのため、彼の自由を獲得するための戦いは、まだまだであることが示唆されます。

さらにクローンの少女をめぐる物語の主人公の少女は、自身が自由を獲得することを早々に諦め、他のクローン人間が自由になるための捨て石となって命を捧げます。

こうした物語を通じ自由に生きること、さらには自由獲得の困難さが作品全体を通じて語られます。

映画『クラウドアトラス』で、すべての主人公がクローン人間であるという設定は、生まれながらに自由であるという人間に関する大前提を一度は疑ってみる必要があることを我々に伝えようとしているように思いました。

自分自身の前に広がる人生の可能性は無限に見えるけれども、実は見えない大枠の部分で制約がかかっているのかもしれません。

自由を意識するのであれば、一度はそうした制約を取り外す努力をしてみるべきだということがメッセージとして隠されているように感じます。

クラウドアトラス(吹き替え)の動画無料視聴まとめ

デイヴィッド・ミッチェル原作映画『クラウドアトラス』日本語吹き替え版および字幕版のフル動画を無料視聴する安全な方法をご紹介しました。

現時点で、見放題で配信しているのは、U-NEXTです。

今すぐ、クラウドアトラスをU-NEXTで見てみる

コメント

タイトルとURLをコピーしました