タイムライン(映画)の動画フルを無料視聴!【マイケルクライトン原作】

SF

ポール・ウォーカー主演映画『タイムライン』【監督:リチャード・ドナー|原作:マイケル・クライトン|原題:Timeline】(2003年)のフル動画を無料視聴する手軽な方法をご紹介します。

今すぐ、『タイムライン』を無料で見てみる

\31日間以内に解約すれば、まったく料金はかかりません/

タイムライン(映画)の動画フルを無料視聴する手軽な方法【マイケルクライトン原作】

下記のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、ポール・ウォーカー主演映画『タイムライン』日本語吹き替え版および字幕版のフル動画が見放題で配信されています。

動画配信リスト
U-NEXT ×
FOD ×
Hulu 〇(字幕・吹替)
dTV 〇(字幕)
Amazonプライム △(字幕)
Netflix ×

(〇:見放題配信|△:有料配信|×:動画配信をしていない)

Netflix(ネットフリックス)は、2019年12月3日に無料体験が終了。1ヶ月のお試し期間がなくなり、申し込んだ時点から、料金が発生するようになりました。

※紹介しているVODサービスの情報は2020年5月2日時点のものです。現在は配信終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、最新の配信状況を各公式ホームページにてご確認ください。

タイムライン(映画)を見るならdTVがおすすめ【マイケルクライトン原作】

dTVには、無料で鑑賞できるトライアル期間が31日間あります。

お試し期間中に解約すれば、一切、お金はかかりません。ネット上のサービスは、自分で使ってみないと便利なのか判断できないので、ありがたいシステムです。

自分の環境に合えば、継続すれば良いですし、そうでなければ、他を探した方が動画ライフを楽しめます。そのために、トライアル期間を活用してみてくださいね。

また、映画の他にも海外ドラマや国内ドラマ、アニメ、オリジナル作品など充実しています。

『タイムライン』と同じマイケル・クライトンの原作を元にした下記の映画もdTVで配信中です。

  • ジュラシック・パーク
  • ロスト・ワールド ジュラシック・パーク
  • ジュラシック・パークIII
  • ジュラシック・ワールド

恐竜の世界を楽しんでくださいね。

▼▼▼dTVで映画『タイムライン』を鑑賞する▼▼▼

dTV

タイムライン(映画)はpandoraやdailymotionなどの動画共有サイトでは無料で見られないの?【マイケルクライトン原作】

下記のサイトに動画を無料で見られるようにアップされていることがあります。

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)

ただし、最近では著作権違反ということで違法アップロードされた動画は削除されるまでの期間が短くなっています。

随時、サイトで確認すれば、新たにアップされた動画を見つけることができるかもしれません。

さらに、動画共有サイトには、次のようなリスクがあります。

画質が悪く、ウイルス感染する恐れもあるので、快適に視聴できるとは言えません。

もし、動画共有サイトで視聴するときは、自己責任でお願いします。

dTVで映画『タイムライン』を快適に視聴する

タイムライン(映画)のネタバレ感想と評価【マイケルクライトン原作】

映画『タイムライン』は、過去に取り残された考古学者を救うべく、考古学者の教え子を中心とするチームが中世のフランスへ乗り込む物語です。

人間を分子レベルまで分解した状態で過去の世界へ送り込むスタイルのタイムトラベルで、『スター・トレック』の転送と同じ発想になります。しかし、この仕組みそのものに関する説明はさほど深くなされません。

そして、過去に滞在できる時間は6時間であること、6時間後には自動的に現代へ送り返されること、また何か問題が生じたときにはメンバーそれぞれが持参する装置を使えば、すぐに現代へ帰ることができる設定です。

この設定からもわかるように、映画『タイムライン』では過去に滞在できる時間が限られているものの、それ以外はタイムトラベルに関する制限がありません。

たとえば、タイムトラベルをする際にはどこか特定の場所にいなくてはならないといったものはほぼなく、タイムトラベルが個人の裁量に任される形です。

また、時間に関する制限にしても、考古学者が取り残された場所は判明しているのですから、6時間という時間はかなり余裕をもって設定されている印象を受けます。

そのため、映画『タイムライン』の物語の面白さは、元々、設定されているタイムトラベルにまつわる様々な制限のもとで人がどう動くかということではありません。

それよりも、タイムトラベル中に発生する予期せぬ突発的な事故にどう対処していくのかが物語を面白くしている最大の要素です。

本作の場合は、チームがタイムトラベルに出発して間も無く人間を過去に転送する装置が破壊されてしまい、このことが物語の緊張感を一気に増大させます。

その後もチームのメンバーが殺されてしまったり、現代へ帰る装置を奪われてしまうなど、予期せぬ出来事が次々とチームを襲いました。

また、現代においては、転送装置が破壊されたことをきっかけに、装置を開発した企業の社長の腹黒い一面が明らかになっていくのです。現代と過去において、これら偶発的な事態が間髪入れずに発生するため、かなり緊迫感を感じさせる作りになっています。

けれども、現代人が中世へ旅をするという設定では、どうしても現代文明の恩恵を受ける現代人を中世の人間よりも上に見てしまいがちです。

一種の偏見なのですが、この偏見が邪魔をして、中世の人間にいいように翻弄されるチームのメンバーの姿に見るような、なかなか期待通りに進まない展開に違和感を感じてしまうのも事実です。

チームは中世の世界に派遣されるにあたり、現代の兵器などの歴史を変えてしまう恐れのあるものを持っていくことを許されません。

そのため、戦争の真っ只中にある中世フランスという暴力が支配する世界においては、チームはほぼ無力であり、考古学者の知識を持ってしても無力感を感じさせる場面が多々登場します。

過去へタイムトラベルする物語では、現代の超越した文明の力を持って過去の世界でも優位に物事を進めていくであろうことを期待しがちですが、そうした期待が満たされる場面は映画『タイムライン』では殆どありません。

人間としてのたくましさという点で現代人と中世の人間を比べた場合、当然、中世の人間のほうがタフですし、暴力が支配する地域にあっては、ますます、この傾向は強まります。

少し考えればわかることですが、現代人が、まったく無力であることを気付かされたときに、どこか残念な気分にさせられてしまうのです。

プロット、アクションともに非常に面白い作品なのですが、残念な気分になってしまうのも事実で、見る側に偏見を持たないことを要求する作品だと感じました。

タイムライン(映画)の無料動画視聴まとめ

ポール・ウォーカー主演映画『タイムライン』の動画フルを無料視聴する手軽な方法を紹介しました。

そして、ネタバレ感想と評価についてもまとめてあります。

今すぐ、タイムラインをdTVで見てみる

コメント

タイトルとURLをコピーしました