誰よりも狙われた男の動画フル無料視聴【ジョン・ル・カレおすすめ映画】

サスペンス

フィリップ・シーモア・ホフマン主演映画『誰よりも狙われた男』【監督:アントン・コルベイン|原作:ジョン・ル・カレ|原題:A Most Wanted Man】(2014年)の動画フルを無料視聴する手軽な方法をご紹介します。

また、ネタバレ感想や評価についてもまとめました。

今すぐ、『誰よりも狙われた男』を無料で見てみる

\31日間以内に解約すれば、まったく料金はかかりません/

誰よりも狙われた男の動画フルを無料視聴する手軽な方法【映画】

下記のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、フィリップ・シーモア・ホフマン主演映画『誰よりも狙われた男』日本語字幕版のフル動画が見放題で配信されています。

動画配信リスト
U-NEXT 〇(字幕のみ)
FOD ×
Hulu ×
dTV ×
Amazonプライム 〇(字幕のみ)

(〇:見放題配信|△:有料配信|×:動画配信をしていない)

※紹介しているVODサービスの情報は2020年3月3日時点のものです。現在は配信終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、最新の配信状況を各公式ホームページにてご確認ください。

映画が好きならU-NEXTはおすすめサービス

U-NEXTには、無料で鑑賞できるトライアル期間が31日間あります。

お試し期間中に解約すれば、一切、お金はかかりません。ネット上のサービスは、自分で使ってみないと便利なのか判断できないので、ありがたいシステムです。

自分の環境に合えば、継続すれば良いですし、そうでなければ、他を探した方が動画ライフを楽しめます。そのために、トライアル期間を活用してみてくださいね。

『誰よりも狙われた男』と同じ原作者ジョン・ル・カレの以下の映画も見放題で見られますよ。

  • ナイロビの蜂
  • 裏切りのサーカス

どちらも、一度は見て欲しい名作です。

さらに、U-NEXTの特典には31日間のお試しだけでなく、有料動画や漫画などに使える600円分のポイントがプレゼントされます。

最近は、公開年度の新しい映画が早い時期に、どんどん動画が配信されるようになりました。けれども、どこの動画配信サービスでも新作映画は、見放題ではありません。

そんなとき、特典でもらえるポイント600円分を使うことで、有料レンタル扱いの新作映画を追加料金なしで鑑賞することができます。

キアヌ・リーヴス主演の『ジョン・ウィック:パラベラム』もポイントを使えば、視聴可能ですよ。

また、DVDレンタルのように借りに行ったり返却する面倒がありません。動画配信サービスなら、好きなときに手軽に見ることができるんです。

だから、U-NEXTは映画が好きな方にとって、チェックしないと損する動画配信サービスといえます。

▼▼▼U-NEXTで映画『誰よりも狙われた男』を見放題で鑑賞する▼▼▼

U-NEXT(ユーネクスト)

誰よりも狙われた男はパンドラやデイリーモーションなどの動画共有サイトでは無料で見られないの?【映画】

下記のサイトに動画を無料で見られるようにアップされていることがあります。

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)

ただし、最近では著作権違反ということで違法アップロードされた動画は削除されるまでの期間が短くなっています。

随時、サイトで確認すれば、新たにアップされた動画を見つけることができるかもしれません。

さらに、動画共有サイトには、次のようなリスクがあります。

画質が悪く、ウイルス感染する恐れもあるので、快適に視聴できるとは言えません。

もし、動画共有サイトで視聴するときは、自己責任でお願いします。

U-NEXTで映画『誰よりも狙われた男』を快適に視聴する

誰よりも狙われた男のネタバレ感想と評価【映画】

映画『誰よりも狙われた男』は、ドイツを舞台にテロリストと疑われた密入国者の男をめぐる、ドイツ諜報機関、男を守ろうとする人権派弁護士、CIAによる駆け引きを描いた物語です。

密入国した男からテロリストへ資金が流れると考えられたため、この男を足がかりにドイツ諜報機関はテロリストをあぶり出そうとします。ポイントは、鍵となるテロリストと疑われた密入国した男は、あくまでも疑われているだけであって、テロリストであるという確証はありません。

そのため、善悪が判然としないまま物語が進むこととなりますが、この白黒ハッキリしないプロットが物語全体を重苦しくし、それぞれの登場人物、とりわけドイツ諜報機関担当者の苦悩と葛藤を深めます。

そして、テロリストとは言い切れない人間をどう扱うのかをめぐる苦悩と葛藤が映画『誰よりも狙われた男』の一番の見所です。

確たる証拠がないことや、より大物の逮捕を目指すために、ドイツ諜報機関の担当者ギュンター・バッハマンは、あえて、この密入国者を泳がす決断をします。

しかし、一方で人権派弁護士アナベル・リヒターにとって、確たる証拠もないにも関わらず、監視対象となった密入国者は、絶対に保護されなくてはならない存在です。

この密入国した青年をめぐる状況に対して、バッハマン、リヒターそれぞれの立場によって異なる対応が生まれますが、これは当然のことです。

しかし、テロリストを摘発しなくてはならない立場にあるバッハマンにしても、密入国者を完全なテロリストとみなしていいかどうかを悩み、この悩みを解消したい心が捜査へのモチベーションとなっていきます。

密入国者を頭から疑っているわけではない部分に、リヒターと共通する、密入国者を思いやる心がどこかにあるのです。こうした心があるがゆえにバッハマンはリヒターと対話を持とうとし、また捜査も慎重にならざるを得なくなります。

対テロ捜査というと非情で狡猾というイメージが強いですが、映画『誰よりも狙われた男』で描かれるそれは、従来の映画で描かれてきた対テロ捜査とはまったく異なる印象を受け、非常に人間臭く感じました。

また、リヒターにしても、向こう見ずでありながらもバッハマンとの対話の余地を持つ柔軟性を持っており、このあたりに現実の密入国者をめぐる対応のリアリティがあるような印象を受けます

しかし、バッハマンを演じるのはフィリップ・シーモア・ホフマン、リヒターを演じるのはレイチェル・マクアダムスです。いずれも英語圏の俳優で、物語は英語で進みます。

そのため、彼らをドイツ人として見ることが難しく、ドイツを舞台にしたアメリカ諜報機関とアメリカ人弁護士との駆け引きの物語と見てしまいがちで、物語中盤までストーリーが理解しづらいのが玉に瑕です。

また、物語のラストはバッハマンとリヒターの目の前でCIAが密入国者を拉致するような形で終わり、2人の無力感とアメリカ諜報機関の横暴さが強調される形で終わりました。

しかしながら、このシーンでもドイツ人が感じるであろう無力感が感じられず、このあたりが少し残念でした。

まとめ

フィリップ・シーモア・ホフマン主演映画『誰よりも狙われた男』の動画フルを無料視聴する手軽な方法を紹介しました。

そして、ネタバレ感想と評価についてもまとめてあります。

今すぐ、誰よりも狙われた男をU-NEXTで見てみる

コメント

タイトルとURLをコピーしました