ボーンコレクター(映画)の動画配信をフルで無料視聴!Netflixで見れる?

サスペンス

デンゼル・ワシントンとアンジェリーナ・ジョリーのW主演映画『ボーン・コレクター』【監督:フィリップ・ノイス|原作:ジェフリー・ディーヴァー|原題:The Bone Collector 】(1999年)の動画フルを無料視聴する手軽な方法をご紹介します。

今すぐ、『ボーン・コレクター』を無料で見てみる

\31日間以内に解約すれば、まったく料金はかかりません/

ボーンコレクター(映画)の動画配信をフルで無料視聴する手軽な方法

下記のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、デンゼル・ワシントンとアンジェリーナ・ジョリーのW主演映画『ボーン・コレクター』日本語字幕版のフル動画が見放題で配信されています。

動画配信リスト
U-NEXT 〇(字幕のみ)
FOD ×
Hulu ×
dTV ×
Amazonプライム △(字幕のみ)
Netflix ×

(〇:見放題配信|△:有料配信|×:動画配信をしていない)

Netflix(ネットフリックス)は、2019年12月3日に無料体験が終了。1ヶ月のお試し期間がなくなり、申し込んだ時点から、料金が発生するようになりました。

※紹介しているVODサービスの情報は2020年4月23日時点のものです。現在は配信終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、最新の配信状況を各公式ホームページにてご確認ください。

ボーンコレクター(映画)を無料で見るならU-NEXTがおすすめ

映画『ボーンコレクター』は、Netflixでは動画配信されていません。見放題で視聴できるU-NEXTがおすすめです。

U-NEXTには、無料で鑑賞できるトライアル期間が31日間あります。

お試し期間中に解約すれば、一切、お金はかかりません。ネット上のサービスは、自分で使ってみないと便利なのか判断できないので、ありがたいシステムです。

自分の環境に合えば、継続すれば良いですし、そうでなければ、他を探した方が動画ライフを楽しめます。そのために、トライアル期間を活用してみてくださいね。

『ボーン・コレクター』でリンカーンを演じたデンゼル・ワシントンの下記作品がU-NEXTで配信中です。

  • デジャヴ
  • フライト
  • デンジャラス・ラン
  • トレーニング デイ
  • ザ・ウォーカー
  • アンストッパブル
  • マグニフィセント・セブン

デンゼル・ワシントンは、『トレーニング デイ』でアカデミー主演男優賞を受賞しています。

さらに、U-NEXTの特典には31日間のお試しだけでなく、有料動画や漫画などに使える600円分のポイントがプレゼントされます。

最近は、公開年度の新しい映画が早い時期に、どんどん動画が配信されるようになりました。けれども、どこの動画配信サービスでも新作映画は、見放題ではありません。

そんなとき、特典でもらえるポイント600円分を使うことで、有料レンタル扱いの新作映画を追加料金なしで鑑賞することができます。

たとえば、デンゼル・ワシントンが主演する映画『イコライザー2』もポイントを使えば、視聴可能ですよ。

また、DVDレンタルのように借りに行ったり返却する面倒がありません。動画配信サービスなら、好きなときに手軽に見ることができるんです。

だから、U-NEXTは映画が好きな方にとって、チェックしないと損する動画配信サービスといえます。

▼▼▼U-NEXTで映画『ボーン・コレクター』を見放題で鑑賞する▼▼▼

U-NEXT(ユーネクスト)

ボーンコレクター(映画)はpandoraやdailymotionなどの動画共有サイトでは無料で見られないの?

下記のサイトに動画を無料で見られるようにアップされていることがあります。

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)

ただし、最近では著作権違反ということで違法アップロードされた動画は削除されるまでの期間が短くなっています。

随時、サイトで確認すれば、新たにアップされた動画を見つけることができるかもしれません。

さらに、動画共有サイトには、次のようなリスクがあります。

画質が悪く、ウイルス感染する恐れもあるので、快適に視聴できるとは言えません。

もし、動画共有サイトで視聴するときは、自己責任でお願いします。

U-NEXTで映画『ボーン・コレクター』を快適に視聴する

ボーンコレクターのネタバレ感想と評価【映画】

映画『ボーン・コレクター』は、生きた人間を熱い蒸気にさらしたり、ネズミに人間を食い殺させるなど、かなり猟奇的な連続殺人事件を扱っているにもかかわらず、おどろおどろしさや残忍さをあまり感じさせない点が本作の大きな特徴です。

事件の捜査を主導する主人公リンカーン・ライム(デンゼル・ワシントン)が鑑識のエキスパートであって、事件現場に残された物的証拠のみから事件を推理していく捜査スタイルを取っています。

ひとつは、そのことによって凄惨な事件現場であっても、被害者に過度の感情移入をしない、客観的観察者としての姿勢を崩さないことが物語全体の雰囲気にも影響しているからです。

また、もう一つには、リンカーンが脊髄に障害を持ち、右手と頭以外は体の自由が効かず、事件現場に直接、赴くことができないという設定も影響しています。

現場には、彼の助手であるアメリア(アンジェリーナ・ジョリー)が派遣されるため、彼は自分の家で証拠を考察し、事件を推理しているのです。

このことは、彼と現場との間に距離を生むことになり、結果として臭いも含めた現場の凄惨さが希釈化された形で事件の情報がリンカーンのもとに届きます。

このスタイルは事件のおぞましさを和らげ、残忍な殺人事件の捜査に関する物語であっても、映画『ボーン・コレクター』は誰もが楽しめる作品になったのだと思いました。

現場に残された証拠から事件を推理していく捜査スタイルは、そこから得られる情報が限定されるため、犯人像をプロファイルすることはできても、犯人を特定するためには聞き込みなどの他の捜査方法も必要とします。

映画『ボーン・コレクター』は、こうした鑑識操作の限界をうまく物語に取り込んでいるのです。

最初の誘拐殺人事件の発生現場には、次の犯行を示唆する証拠が複数、残されています。しかし、その証拠は、次の犯行現場を特定することはできても、犯人を特定するほどのものではありません。

この結果、1つの誘拐殺人事件から次の誘拐殺人事件へと、犯人と捜査陣の追跡劇が展開することとなるのです。

そして、ある程度、犯人の人物像が特定された後、犯人の側から正体を表します。人物像だけが特定された段階で、リンカーンと対立する彼の後継者チェイニー(マイケル・ルーカー)が真犯人と思わせる展開は素晴らしいです。

リンカーンのプロファイリングのみでは真犯人を特定することは不可能なのですが、そのことが逆にチェイニーが真犯人であると思わせるからです。

医療技師(リーランド・オーサー)が真犯人であることは、そのことを示唆する伏線が全くないため、予測不能でかなりの飛躍なのですが、チェイニーを真犯人であると匂わせたことで、そうした飛躍を感じさせません。

リンカーンとアメリアの間に恋愛感情が生まれるような生まれないような思わせぶりな場面が途中で何度か登場します。

リンカーンの指導に最初は反発を感じていたアメリアが、次第に事件解決への使命感に目覚め、やがては、ライムにほのかな恋心を抱いていくようになりました。

この2人の関係の変化は、物語の上では主要なトピックとはなっていません。しかしながら、2人の関係の移り変わりは、事件解決へ向けたチームの団結力の高まりを象徴し、かといって、事件の推理と解決を邪魔しなかった点で、ほどよい描かれ方でした。

ボーンコレクター(映画)の無料視聴情報まとめ

デンゼル・ワシントンとアンジェリーナ・ジョリーのW主演映画『ボーン・コレクター』の動画フルを無料視聴する手軽な方法を紹介しました。

そして、ネタバレ感想と評価についてもまとめてあります。

今すぐ、ボーン・コレクターをU-NEXTで見てみる

コメント

タイトルとURLをコピーしました