アンロック/陰謀のコードのフル動画を無料視聴【映画】

サスペンス

ノオミ・ラパス主演映画『アンロック/陰謀のコード』【監督:マイケル・アプテッド|原題:Unlocked】(2017年)のフル動画を無料視聴する手軽な方法をご紹介します。

今すぐ、『アンロック/陰謀のコード』を無料で見てみる

\31日間以内に解約すれば、まったく料金はかかりません/

アンロック/陰謀のコードのフル動画を無料視聴する手軽な方法【映画】

下記のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、ノオミ・ラパス主演映画『アンロック/陰謀のコード』日本語吹き替え版および字幕版のフル動画が見放題で配信されています。

動画配信リスト
U-NEXT 〇(字幕・吹替)
FOD ×
Hulu ×
dTV ×
Amazonプライム 〇(字幕・吹替)
Netflix ×

(〇:見放題配信|△:有料配信|×:動画配信をしていない)

Netflix(ネットフリックス)は、2019年12月3日に無料体験が終了。1ヶ月のお試し期間がなくなり、申し込んだ時点から、料金が発生するようになりました。

※紹介しているVODサービスの情報は2020年4月28日時点のものです。現在は配信終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、最新の配信状況を各公式ホームページにてご確認ください。

アンロック/陰謀のコードを無料視聴するならU-NEXTがおすすめ【映画】

U-NEXTに初めて登録される方には、無料で鑑賞できるトライアル期間が31日間あります。

お試し期間中に解約すれば、一切、お金はかかりません。ネット上のサービスは、自分で使ってみないと便利なのか判断できないので、ありがたいシステムです。

自分の環境に合えば、継続すれば良いですし、そうでなければ、他を探した方が動画ライフを楽しめます。そのために、トライアル期間を活用してみてくださいね。

『アンロック/陰謀のコード』で主演したノオミ・ラパスの下記作品がU-NEXTで配信中です。

  • パッション
  • プロメテウス
  • セブン・シスターズ
  • デッドマン・ダウン
  • ラプチャー -破裂-
  • シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム

『セブン・シスターズ』は、ひとり7役を演じたノオミ・ラパスの七変化が楽しめます。

さらに、U-NEXTの特典には31日間のお試しだけでなく、有料動画や漫画などに使える600円分のポイントがプレゼントされます。

最近は、公開年度の新しい映画が早い時期に、どんどん動画が配信されるようになりました。けれども、どこの動画配信サービスでも新作映画は、見放題ではありません。

そんなとき、特典でもらえるポイント600円分を使うことで、有料レンタル扱いの新作映画を追加料金なしで鑑賞することができます。

たとえば、ノオミ・ラパスやトム・ハーディが出演する映画『クライム・ヒート』もポイントを使えば、視聴可能ですよ。

また、DVDレンタルのように借りに行ったり返却する面倒がありません。動画配信サービスなら、好きなときに手軽に見ることができるんです。

だから、U-NEXTは映画が好きな方にとって、チェックしないと損する動画配信サービスといえます。

▼▼▼U-NEXTで映画『アンロック/陰謀のコード』を見放題で鑑賞する▼▼▼

U-NEXT(ユーネクスト)

アンロック/陰謀のコードはpandoraやdailymotionなどの動画共有サイトでは無料で見られないの?【映画】

下記のサイトに動画を無料で見られるようにアップされていることがあります。

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)

ただし、最近では著作権違反ということで違法アップロードされた動画は削除されるまでの期間が短くなっています。

随時、サイトで確認すれば、新たにアップされた動画を見つけることができるかもしれません。

さらに、動画共有サイトには、次のようなリスクがあります。

画質が悪く、ウイルス感染する恐れもあるので、快適に視聴できるとは言えません。

もし、動画共有サイトで視聴するときは、自己責任でお願いします。

U-NEXTで映画『アンロック/陰謀のコード』を快適に視聴する

アンロック/陰謀のコードのネタバレ感想と評価【映画】

映画『アンロック/陰謀のコード』は、イギリスを舞台にしたスパイ作品です。

生物テロを未然に防ぐべくCIA、MI5が活動するのですが、そこには組織の裏切り、得体の知れない組織の暗躍など、スパイ作品にありがちな要素がたくさん盛り込まれています。

古典的なスパイ作品の典型のようなキャラクターの配置なのですが、飽きることなく物語に惹き込まれていくことができる映画でした。

映画『アンロック/陰謀のコード』の物語は、CIAの現場要員であるアリス・ラシーン(ノオミ・ラパス)が、CIA、MI5の2つの組織の間で孤立しながらも上手に立ち回っていく過程を描きます。

そこでは高度に発達した通信網を駆使したハイテクスパイ戦争といった要素が謎を解く鍵として機能しており、古典的なスパイ物語に、上手く現代テクノロジーを組み合わせた秀作と感じました。

何よりも物語序盤、アリスがイスラム過激派組織のメッセンジャーを尋問するシーンでの物語の逆転は衝撃的です。

CIAの正式暗号コードを用いたメッセージを受け取っていたアリスは、尋問がCIAによるものだと信じて疑いません。しかし、実際に尋問を行ったのはCIAを語った謎の組織でした。

アリスは、偽者であることを見抜いたものの、組織の正体には気づくことができません。

作品冒頭から、アリスが現場から遠ざかっていた尋問官であることが強調され、尋問の場面では どうしてもアリスがしっかり現場復帰できるかどうかに目が奪われるのですが、まさか偽のCIAであるとは、にわかには信じ難く、まったく予想外の展開でした。

そして、ここからアリスによる組織の正体を突き止める戦いが始まっていきます。

間もなく生物兵器を用いたテロが行われるかもしれないという時間的制限、CIA本部からは、アリスが裏切り者だと疑われており、CIAに協力を求めることができないという制限が、一気に物語の緊張感を高めるのです。

そこで、アリスはMI5に協力を求めます。

しかし、MI5内部にも内通者がおり、最終的に彼女は全く単独でテロを防がなくてはならない状況に追い込まれました。

CIAのみならず、MI5にも内通者がいるという展開は、ある程度、予想がついており、偽のCIA組織の登場シーンほどの衝撃はありません。

けれども、アリスの孤立化を決定づけ、物語の空気を一変させ、アリスが感じるであろう孤独感と生物テロを防ぐことができるのかどうかという不安感を増大させるのです。

映画『アンロック/陰謀のコード』で重要な役割を果たす2つの組織のいずれもが内通者を抱えていたとする物語は、物語の流れを劇的に変化させる役割を持ち、しかも、いずれも非常に効果的に機能しています。

予想外の展開があることで、スパイ作品としての本作は緊張感に満ちた予断を許さない物語になるのですが、若干、拍子抜けする展開もありました。

その1つがアリスの協力者として登場する元イギリス特殊部隊隊員ジャック(オーランド・ブルーム)の存在です。

彼は空き巣としてアリスの前に現れたにもかかわらず、恐ろしいほど高い戦闘能力でアリスの窮地を救います。この登場の仕方が余りに不自然で、何らかの組織のスパイであることが見え見えです。

もう少し異なった登場であれば、緊張感を損なわない展開になったように感じます。

また、テロの首謀者で謎の組織を率いていたのがアリスのかつての上司エリック(マイケル・ダグラス)であったことにも拍子抜けしてしまいました。物語の上ではエリックは自身の死を装うことで、アリスの前から姿を消す設定になっているのです。

ところが、こうした死を装う設定自体があまりに安易でありふれたものに映り、作品全体を安っぽくしてしまっています。

さらに、エリックの生物テロを行おうとする動機は、英米両国の危機意識を高めるためとなっているのですが、非常に安直なものに思えました。満員のスタジアムに生物兵器をばら撒く動機にはなり得ないのです。

映画『アンロック/陰謀のコード』は、既存のスパイ作品よりも優れたプロットを持ちながらも、そのプロット自体にこうした難点があったことが非常に残念に感じさせる作品でした。

アンロック/陰謀のコードの無料視聴情報まとめ

ノオミ・ラパス主演映画『アンロック/陰謀のコード』の動画フルを無料視聴する手軽な方法を紹介しました。

そして、ネタバレ感想と評価についてもまとめてあります。

今すぐ、アンロック/陰謀のコードをU-NEXTで見てみる

コメント

タイトルとURLをコピーしました